預かり・保護犬・愛護団体他

天性の素質を生かしAAA/AAE活動を経-現,心/膵/肝/肺疾患,腫瘍,変形性脊椎/骨関節症,甲状腺機能低下症と共存する名も無い雑種.従順,気長,賢く,寛容.残り少ない日々,1秒1秒大切に大切に過ごす...が今現在はまるで別犬の様に変身.聴力,視力,嗅覚共に衰え,感覚も鈍り咆哮犬と化す.しかも2013年12月脾臓腫瘍までも発見され,更に腎不全も発症.それでも頑張って居る命の記録と右往左往する頼りなく頭の弱い飼い主の滑稽な姿            旧 http://blog.goo.ne.jp/gyouza100ko_1981

大き過ぎたオムツ

R9311762
えみ用。。。
この右のオムツがジャストフィットで
良かったがサイズを間違えてしまった。


R9311763
Mサイズだと思っていたが
どうもSサイズの様だ。大き過ぎた。
体は大きいがとにかくガリガリのえみ。。。

えみは自分のケージは極力汚したくないらしく
ケージから出た途端、待ってましたとばかりに
粗相をする。。。中々直りそうもない。


まじでジャンクしか食べないぞ。。。

R9311767
幸運にもピンクラインのヒルズが売っていた。
そして小さい粒でなければ食べない為
否応無く、シニア用に。


R9311775
カラスさんに食べられてしまった為
急いで。


R9311776
後、もう一種セブンジャンクを。


R9311751
何か、イナバばかりの様な。
これにドライを混ぜると少しは食べてくれる。
ドライにこれを、ではなく。。。


セブン’s ジャンク

R9311752
色々と忙しく
中々きちんと買い物が出来ない。。。
一番近いセブンのブランドで取り敢えず犬用全てを購入。
恐らく他のセブンでは又違う物があるらしいが。


飽きず懲りずのジャンク

R9311706
勿論、体には悪いがウエットジャーキーではなく
パリパリバージョン。随分美味しらしい。


R9311748
ドライに混ぜるウエットが無くなり
急いで。


R9311751
いなば系も別の日に購入。
比較的「いなば」は食べる。


R9311750
ペットライン?だったかの試供品が
送られて来た。
これはかなり良い感じ。ゼリーより固め
寒天の様な口触り。
これをやはりドライ、ウエットに混ぜる。


大雪4日目、ようやく

R9311715
雪が苦手そうなふくぞくえみへ
雪の塊をわざと雪の積もった中に投げると
それを追い掛け、雪を踏み始める。
それ故表側の雪で慣れた為か、裏側でも
雪の上に平気で乗り匂いを嗅ぐ。


R9311716
薄くフワフワなえみの皮毛は
特に雪を吸収してしまい、ダマになる。
雪の中の散歩時、良くボーダーさん、プードルさんや
シュナさんが脚に雪の塊を付けているのを目にする光景。
ふくぞくは、体重も軽い故か
余り雪には埋もれない為、然程塊は付かない様だ。

体も大きく体重のあったゆきは
少しばかり皮毛に付けていた。。。
こちらに戻った後だったか、途中郵便物等を取りに来た際か
昔ゆきが大好きだった社交場の中で走り回るその脚には
余り雪は付かなかった記憶がある。
それ以上にドロドロになっていた気がする。


R9311717
恐怖心が無くなり、雪を探索。


R9311718
大雪4日目にしてもまだまだ解けない。


R9311719
投げた雪を追い掛け齧るえみ。


R9311720
北側も探索。


R9311721
長靴の深い足跡を覗くぞく。


R9311722
少しお腹が濡れてしまった。


R9311723
マイペースなぞくの行動に興味津々なふくぎん。


R9311724
屋根からの雫に因り
雪が柔らかく、ふくちゃんの体重であっても
時折脚が雪の中に吸い込まれてしまい
焦っている。


R9311725
北側を歩きたがらないえみは
ポーチの上、ふくぞく達が通る隙を狙い
挑発するのを待つ。


R9311726
えみに気付かず、必死で匂い嗅ぎ中のぞく。
雪が解けかかった手前に下り、待っているえみ?


R9311727
巧くえみから擦り抜ける。


R9311728
相変わらずの氷。


R9311729
ぞくを隅っこまで追いやり、煽るえみ。
様子を見に行ったふくぎんは、手に負えそうも無い?と
仕方無さそうに戻るところ。


R9311730
再び雪を投げると、躊躇無く雪の中へ。


R9311731
ぞくに悪戯を仕掛けるえみ。


R9311732
本当にえみを嫌がるぞく。。。
反論は仕切れず逃げるのみ。最近では
遠くからえみに対し、吠えてはいる。


R9311733
心配をしたふくぎんがぞくの元へ。
えみは遊びを誘い捲くっているも
未だ誰にも相手にされない。


R9311734
再び裏へ。


R9311735
一人寂しく?なえみ。


R9311736
半纏を脱いでしまい薄着のふくぎんへ
今更乍ら一枚着せる。
寒い故、もう中に入った方が良いと思いつつ
恒例のジャンクオヤツを食べるふくぞくえみ。


R9311737
ジャンクを食べ中ぞく。


R9311738
ジャンク食べ中、えみ。


この後、十数分後中へ。
えみは中々捕まらず、奮闘。これが結構きつい。
しかも飛び付き癖を止め切れず
お腹に思い切り来る為、暫く蹲ってしまう。


判っている、肝腎に来るんだろうなのジャンク

R9311683
セブン。
これはゆきにも食べて貰えたお菓子。。。


R9311684
セブンとフィットケアデポ。


R9311696
まとめて。
やっと見付けたピンクラインのヒルズ成犬用。
そして初めてヨーキー用ロイヤルカナンと
同じくヨーキー用ジャンクを購入。
果たして何がヨーキーに特化しているのか?

ドライとジャンクは、現在1:9の割合。
ジャンクにお情け程度ドライが入るのみ。
しかもジャーキー系食べ放題と化した我が家。
これは確実に腎臓をやられるパターン。
ついでに肝臓も。。。か。


やっぱり目に幕

ふくちゃん。。。あれから点眼を続けているが
眼に幕が掛かってしまった。これは
薬剤のせいではないだろうか。
獣医は必死で否定していた。

カラーも慣れて来たらしい。
食事前後に外すと躁ぐ。本当はかなり嫌なのだろうが
擦ってしまったりすれば拙い。
外で匂い嗅ぎをし表に戻ると
カラーの淵には、シャベルで掬った様
土が付いている。即効取り外しカラーの消毒。
取った途端、走り回っていた。

もう2週間になるが
まだ点眼は必要なのだろうか?

曇ってしまってはいるも
もう感染は無い。


執拗に迫る-2017年、年末

R9311652
えみ、トイレ中。


R9311653
えみから逃げるふくぎん。


R9311654
高速で通り過ぎる。


R9311655
匂い嗅ぎをされる。
嫌そうにし乍らも我慢するふくぎん。
動き回るえみの匂いはまず嗅ぐ事は出来ない。
えみを抱っこし、しゃがむとふくぞくが
この時とばかりに匂い嗅ぎに寄って来る。


R9311656
実は苛々しているふくぎん。


R9311657
何時になれば落ち着くのやら。


R9311658
オヤツを沢山食べた後、満足気。
まだ眼はキレイだ。。。


R9311663
えみから逃げるも行き場が無くなって
しまったぞく。


R9311664
遊ぼう、遊ぼう。。。がエスカレートし
最近えみはふくちゃんやぞくに体当たりをする。
本当に遊ぼうと誘っているのか否か。
ふくぞくと比較し、自分の方が圧倒的に
力が強い事を学んでしまった。


R9311665
相手にされなくともしつこいえみ。
ドッグランでは真っ先に嫌われるタイプだ。


R9311666
助けを求めるぞく。


R9311667
この後、ぞくは抱っこ。

ぞくを呼ぶと、走り寄るぞくに対し
体当たりをする、道を塞ぐ様な態度を示す。
えみは焼もちを焼いているのか
今一気持ちが掴めず。。。


ジャンク、食べ尽くし

結構、ジャンクを買い溜めしたつもり
だったが、早くも年内に食べ尽くして
しまった。如何にジャンクを摂っているという事か。。。
足りなくなり急いで購入。

R9311631

R9311636
せめてブルーの消化器サポートを、と
思い獣医にて購入してみるも
勿論食べない。これは粒がかなり大きい。。。


R9311671
まともな食事をして欲しいが
昨日、本日とふくぎん、えみはボイコット中。
ジャンクすらも嫌な顔をする。
辛うじてぞくがこの数日は食べてくれる。。。
と言っても殆どがジャンク満載の食事だが。


R9311681
手前のジャーキーは食べるふく、えみ。


R9311682
関係無いが、飼い主用チョコレート。
イタリアのだと書いてあったと思うが
味はハーシーズだった。


トリミング直後のぞくとまだ元気なふくぎん

R9311641
直後はフカフカサラサラ。


R9311643
実物はもう少し可愛いのだが


R9311644
どうも上手く撮れない。


R9311645
何故か今一な。。。


R9311646
まだ元気なふくちゃん。


R9311647
この時には躁いでいた。


R9311648
この日から数日後、


R9311649
目が開かなくなってしまった。。。
左目も撮っておけば良かった。


悲惨な眼になってしまったふくちゃんと病院

R9311673
細菌感染した様な緑色の目脂を
急いで拭いた後。


R9311674
瞼のみを消毒中、目尻部分は痛いのか
キャン、と言った。


R9311675
病院へ。
プラノプロフェンとファルキサチン処方。
ついでにスペシフィックのパウチも購入。

R9311676
シュンとするふくぎん。


BlogPaint
自宅に戻り


R9311678
カラーを二重にする。


R9311679
二本を其々、20分~30分置きに
一日3回点眼するも数回目には
白濁が見られて来た。
角膜が捲れ上がっている様な。。。


R9311680
上手く撮れないが実際には
更に白くなっている。
獣医へ連絡するも心配無いとの返答。
気になる様であれば連れて来て下さいと
言われるが、自身の体調優れず
それ以来、連れて行かれていない状況。

元気は有る。因みに緑内障でも全く
痛がらない仔も居ると聞き驚いた。


目が潰れて

気付いたのは今朝8時頃。
庭に出す際、何時も俯きがちなふくちゃんが
顔を上げた瞬間驚いた。
細菌感染をした様な緑入りの目脂が
左目から沢山出ていた。
咄嗟に傷付いた!と感じたがもしかすると緑内障
かも判らない。もう自分の病院へ行かなければ
ならず、本当は目の周りには余り使用しては
いけないのかも知れないが、消毒希釈にて取り敢えず拭き
ギリギリまで抱っこをしていた。

先程自宅に戻りもふくちゃんを確認するも
相変わらず辛そうだ。獣医に見せる為画像には残したが
まだPC、ipadに保存は出来ていない。
獣医は16時からやっているはず。



驚く程の大変身を遂げる

今年最後のトリミングをするぞくの前に
へアレスにも拘らずヘアリーの部分が
ダマになってしまい、耳は更に酷く錘と化した
えみの耳カットをお願いした。

大暴れし一秒たりともジッとしていられないえみは
これまでトリミングも出来ずにいたが
今回は試しに取り敢えずトリミングルームへアウェイ
という容で連れて行って貰う事に。

どうしても無理であれば戻される。

。。。が、何とか耳のカット、顔、四肢、爪
を綺麗にして貰えた。

そして全く顔が変わったえみ。

R9311639
驚いた事に耳がこれまでの半分程の
長さになっていた。
我が家にえみを預かった当初からえみの耳は
コッカー?と思える程、長かった記憶があるのだが。。。


R9311640
ここまで耳が短いとは思わなかった。

バリカンを入れたがそれはやはり音が怖くて
無理だったそうだ。鋏でカットしてくれた。

少しは可愛くなったえみ。


ジャンク漬けの日々、最後になるかな

R9311620
ネットで見付けたヒルズのピンク枠フード。
これは本当に何処にも売っていない。
もう生産中止?
ついでにジャンク諸々。


R9311624
別の日。
ドライフードと混ぜるも、中々食べなくなったふくぞくえみ。
結局ジャンクをあげる事になる。
だがそれが呼び水となり、そのまま
食欲に繋がる事も多いが、
それでもふくちゃんは食べない。。。

ジャンク漬けの日々。

今年はもう買わずに済むか。。。と思うもどうかな。
今年最後のジャンク。


放牧→挑発→本気喧嘩

R9311596
放牧。。。

余りにも快適なこのツナギ、レビューを書く為
着用時えみの画像を撮りたく奮闘。


R9311597
何とか全身撮影は出来たが。。。
どうも今一な。


R9311598
えみを悉く避けまくるぞく。


R9311599
ふくちゃんは、嫌悪感を諸に表現。
最初の頃は傍から見ると追い駆けっこを
している様にも見えたが;実際には
チョッカイを出すえみへ牽制をし追い駆け回していた;
最近ではえみの挑発も唯々、心から嫌そうに避けるのみ。


R9311600
相手にされないえみは
一人テンション高く、花弁を齧り
ふくぞくを誘い、走り回る。


R9311601
漸くの3ショットでオヤツ待ち。3秒と保たない。

。。。ゆきも。。。何処かに。。。
否、近くに居るのかな。。。

不満そうふくぞくの表情。


R9311602
クチャクチャ過ぎ、えみの顔が
何処を向いているのかすら不明。


R9311603
この二人は本当にいつもくっ付いている。
自分に万が一の事があれば
もし全頭引取りが不可となった場合でも
この仔等は絶対に一緒が良い。


R9311604
お互いに性格が合うのか、不思議な仲。


R9311605
暴れる為、上手く撮れない。


R9311606
最後の手段、地面にオヤツを
ばら撒く。拾い食いを助長してしまいそうだが。。。


R9311607
今度は2秒のふくぞくえみ。


R9311608
全身撮れたと思ったが
逆光の様に白くなり駄目そうだ。。。


R9311609
オヤツ探し。


R9311610
結構近くのえみを撮れたが
切れてしまった。


R9311611
中々こちらへ来ない。
相変わらずオヤツ探し。


R9311612
まだ探す。


R9311613
プーリーの様なえみ。


R9311614
何とか撮れた。。。か?

いよいよ、
最近極端に強くなった事を自分でも気付いたか
それを誇示するかの様なえみが撮れた。

R9311615
以前からえみは、相手に対し
前肢を使い、誘う仕草をしているが
;これは対人間にも同様;本人はマウントの
つもりは無さそうだ。だが取り敢えず犬の掟を
何と無く理解しているふくぎんからすれば
それは忌々しき事態。
増してやその前肢を背中に置かれたのであれば尚更。

えみは唯単に挑発をし、遊ぼうとしているだけだが
ふくぎんはかなり怒る。

これまではふくぎんに唸り、叱られると
相手が怒っていると理解をしたのか否か解らないが
遊びの延長と勘違いをしたかの様
プレイバウ体勢疑きを取り
追い駆けられるのを楽しみに走り回った。

だが、此処最近では上記の画像の如く
唸られると、更に力尽くで抑え込む。
そして


R9311616
ふくぎんの唸り声の倍の大きな唸り声を出し
威嚇をする。


R9311617
こういった行動が現れ始めた頃には
応戦もしたが犬の賢さ故か早い時期に
最早敵わないと悟り、逃げる様になったふくぎん。


R9311618
それでもえみが執拗に絡むと
逃げ腰になりつつ、ガルルルルと反撃に至る。


R9311619
だが、それも度を越すと
掴み合いの喧嘩になってしまう。
これまで3~4回、無理矢理に引き離さなければ
いけない事態となった。
本当はギリギリまで放って置いた方が
良いのかも判らないが、既にふくぎんは自分の方が
弱いと認識をしているはずだ。
えみはえみで、明らかな体格差に因り
優位に立っている事は感じていると思う。
これ以上ふくぎんにストレスを与えても
拙いだろうと考え、早めに二頭を引き離す様にはする。

それでもえみも一応は犬。。。
好んで争う事をするわけでもない。

しかし、犬は本当に体の大きさがモノを言うのだ
と改めて感じる。

ゆきが居てくれた時にもそれは
大いに思ったが、
中には争う血筋を持った仔も居るだろうが
往々にして大きな仔が優しく大らかなのは
自分に自信がある故なのではなかろうか、と。

ゆきは幼少期からずっといつでも何処でも
誰に対しても落ち着き、安定し穏やかで優しく接していた。。。


みるみる巨大化する

R9311594
えみへ。とにかくどんどん大きくなる。
もう1才過ぎたが何処まで巨大化するのだ?
と思う程。ツナギも直ぐに着られなくなってしまう。。。

現在、体長36cm位。
小型犬用2Lを購入してみたがこれは体長
確か40cmまで。四肢が長い分、多少大きめでも
脱げる事は無いが、実際ブカブカでもなかった。
えみの場合にはこれを一枚で着る事はない為
寧ろ、大きめでないと無理だと思う。

型落ちDOBAZ製品がリーズナブル価格で売られていた。

牛の角と熊の尻尾。。。が微妙。
尻尾は早くも齧られた。


又遅れた?と思うモキシ

R9311582
月毎に少しずつズレ込んでしまう駆除剤。

確かゾエティス獣医から
ギリギリで2ヶ月までがリミットだと
耳にした記憶があるも。。。


急いでのシートとジャンク達、再び

R9311526
以前一度購入したが、恐らくPB。
前回は気付かなかったが、今回
随分吸収が良いと感じた。
もう一ヶ月以上も前。。。

そして


R9311586
こちらもPBだと思うが先の方が
良い様に思う。こちらは縁からの漏れが大きい。


R9311584
定番となってしまったぺディグリーチャムの
角切り。


R9311585
セブンとわんわんのコラボ物。



R9311587
ゆき御用達だったd.b.f。未だにショップから
DMが来るが一度も開けないまま。


R9311588
全く。。。この様なジャンクばかり。


R9311591
新しいフードのブルーも、画像を撮り忘れた
プレイアーデンも食べない。
結局、ジャンクに近いこのフードがマシ。
勿論、単独では食べないのだが。。。


R9311592
ヒルズの小型犬用が売っておらず
この最悪フードになってしまった。
小型犬用、先のヒルズは中々売っていない。
白いパッケージの物は良く見るのだが。。。


R9311593
又、これ。。。
一日置きに買っている気がする。









我侭の一つも言えずに逝った-ジャンク、じゃんく、JUNK

R9311528
ぺディグリーチャムの方は
ふくぎん&えみは辛うじて食べるが
ぞくは×。オヤツは大凡何でも〇。


R9311562
猫さん用も食べない。。。
どれだけグルメなのだか。


R9311563
最近では、これも危くなってしまった。



R9311564
ベストバランス等、
主食はもう何を与えるも拒否する
ふくぞくえみ達。現在はヒルズ。。。
勿論、それもアウト。


R9311565
ふくちゃん散歩時、セブンにて。
ゆきには良くパンを買ったが
パン売り場エリアは避ける。。。


R9311575
これらジャンク of  ジャンクは大好きだ。

ゆきは、若かりし頃~ずっと食事で悩む事も
勿論全く無かった。。。与えられる物は何でも食べた。
不味いw/d、k/dも腎臓・肝臓・心臓サポートも
満腹感も何もかも。。。

我侭の一つも言う事も出来ず逝かせてしまった。


ゆきが居ない空虚な庭

R9311529
ふくぞくえみの集合写真を撮りたいが
オヤツで釣るのも、仲々難しい。
上のパンジーは折角咲いたのだが
殆どえみに食べられてしまった。
何百回注意するも、駄目。


R9311530
バラバラに座る。


R9311531

R9311532
ギリギリふくぞくえみ。


R9311533
これでも漸くアイコンタクトが
出来る様になって来た。


R9311534
私道上から転がり汚庭の草で止まっていた
アスファルトの欠片。


R9311535
ふくちゃんは興味津々。


R9311535
匂いを嗅ぎ


R9311536
齧ろうとする。


R9311537
コールタールや身体に悪そうな塊。。。


R9311538
元々、ぞくが見付けた。
怖い物を見付けた際の様
引き気味にビクビクと草を掻き分けていた。
何かと思い、探すとこの破片が絡まっていたが
何故なのかぞくはこの欠片をかなり怖がる。
身体に良くない物に敏感なぞくが
何かを感じたのか、と思ってしまった。

ぞくに見える様
ふくちゃんが遊んでるよ、と言い
アスファルト破片と戯れるふくぎんから
借り、ぞくに匂いを確認させ様とするも
後退りをし怯えてしまい嫌がる。不思議だ。

そして


R9311539
結局、抱っこを強請む。
アスファルトの破片が何故それ程までに
怖いのか謎。


R9311547
えみは相変わらず敬遠される。
最近ではふくぎんもえみを追い掛ける事すら
しなくなった。えみが近くに来ると
存在を消す様、逃げる。


R9311548
えみに近付かないふくぎんと
完璧無視をするぞく。


R9311550
この右にあるオシロイバナの間にあった塊。


R9311551
この様にぞくは目の前の
オシロイバナ芽の中へ
マズルを突っ込み、及び腰になり乍らも
かなり恐る恐る「何か怖い物」を探っていた。
最初、虫でも居るのかと思ったのだが。


R9311552
えみから離れる二人。


R9311553
最近特に甘えるぞく。


R9311554
涙焼けも激しい。。。


R9311555
お爺さんの様なふくぎん。


R9311556
目が隠れてしまうえみ。
切っても切っても脅威の速さで
伸びる毛。唯、スカスカだ。


R9311558
抱っこ、抱っこと来るぞくだが
えみが近くに居る為、遠慮をする。



R9311559
物言いた気。


R9311560
運動量が足りていないえみは


R9311561
ふくぞくを中に入れ、えみのみ残し
暫く運動の時間を持つ。

ゆきが生後3ヶ月~4ヶ月近い頃
初めて踏んだ我が家の土。。。
雪が積もれば狭い汚庭でも燥いだ。
ゆきとの追い駆けっこは最高に楽しかった。
此処西側で待つゆきに気付かれぬ様
そっと東へ回り西を覗くと居ないゆき。
振り返ると笑っているゆきが真後ろに来ていた。
思わずわぁっ!と声を上げ大笑いをした。

飼い主を喜ばせる事だけに生涯を捧げたゆき。。。

それからも毎回追い駆けっこ、
隠れんぼをした此処に、ゆきはもう居ない。
名残も消えてゆく。。。

世の中の皆がおまえを忘れても
お母ちゃんは忘れない。忘れられない。

何もかも偉大過ぎたゆき。。。
最後の最期まで飼い主を困らせる事をしなかった。
寝たきりにもならず、痴呆にもならず
鳴く事も、バタバタする事も。。。

もっともっともっと困らせて欲しかった。
否、違うね、ゆきは全てお見通しだったんだ。
この飼い主のキャパを良く解っていたんだ。
だから。。。

ごめんね、

おまえの居ない庭で妹達は走り回る。

唯々空虚だ。















メラノーマと間違えた元凶

2017-10-29 003
メラノーマ騒動。

1cm×1cm位の石が
えみの指間にビッチリと嵌っていた。

取ろうとしたが取れず
確か数日後獣医へ行き、気付くと
ポッカリと大きな穴となり黒い塊は無くなっていた。

この石をえみベッドで発見。
これは痛かっただろう。気になり散々舐めてしまい
更に奥へ奥へ入ってしまった様だ。


AFTER

トリマーさん撮影。


image1

image2
可愛いバンダナも付けて貰った。






ゆきの姿を探す

2017-10-29 005
感情をハッキリと表するぞく。
何と無くベッタリと擦り寄り意思表示をするふくぎん。



2017-10-29 006
オヤツが欲しく、取り敢えず
これがフセのつもりのふくぞく。


2017-10-29 007
良く咀嚼をするふくと
殆ど噛む事無く飲み込むぞく。
舌を駆使し食道へ追いやろうとする。


2017-10-29 008
昨年のカビフード以来、
すっかり食欲が落ちてしまったぞくは
相変わらず好きな物は食べる。


2017-10-29 009
再びフセ。。。オヤツ待ち。

ゆきは指示出し中、目を逸らせる事も無く
こちらをジッと見ていた。
瞬き一つ、表情のほんの小さな変化を
見逃さずこちらの意のまま、願いに寸分違う事無く
全ての指示に従った。


2017-10-29 010
トリミング前のぞく。
30日がトリミング。


2017-10-29 011
トリミング要らずのふくぎん。
同日、爪だけ切って貰った。


2017-10-29 012
昔から瞼付近は白っぽかったと思うが
最近特に白くなって来た。まだ6才位。


2017-10-29 013
頭の良いぞく。色々と教えれば
直ぐに覚えるのだろうなと感じる。。。


2017-10-29 014
オヤツが足りない表情。
ご飯は思い切り残すがオヤツ、ジャンクは食べる、
という悪しき習慣を付けてしまった。


そして


2017-10-29 015
怪獣えみ。
暴れまくり、中々写真が撮れない。


2017-10-29 016
えみの事も、相当なグルメにしてしまった。
えみの甘え方はこれが又
小さく唸り乍ら、口が耳まで裂け、
恐ろしい形相でガリガリな体を擦り付けて来る。。。
。。。場合もある。甘え方もブサ可愛い。

アイコンタクトも大分出来る様にも
なって来た。

ゆきが居たなら、何て言うだろう、
えみの事、どう思うのだろう。。。と時折考える。
余りのパワフルさに辟易としただろうか。

ゆきの残した全て、未だ手付かず。

もう生まれ変ったのか、
或いは彷徨っているのか、

傍に居る。。。傍。
そうだ、近くに居るのかも知れない。。。
そう思う事で辛うじて保つ心。

日に何度も謝る。。。

ごめんよ、ごめんね、ごめんなさい。



懲りないジャンク

2017-10-20 001

2017-10-20 003

2017-10-20 007

2017-10-20 009

2017-10-20 015
とにかくドライフードの極小粒を探し中。。。


2017-10-20 017
この霧島鶏は、殆どスープ状で
比較的えみも好んで食べる。


2017-10-29 002
病院帰りに買った物。ドラッグストア。


2017-10-29 004
再び霧島鶏。



情けない飼い主

2017-10-20 004

2017-10-20 005
これはふくぎんの爪。。。

前回の様、
根元からではなく巧い具合に折れた故
良い様なものだが爪すらも切って上げられない
情けない飼い主。

ゆきは良く歩いていた為、生来爪を切ったのは
数回しかない。トリマーさんに切って貰った。

次回のぞくトリミングの際、ふくぎんの爪も
お願いしたいが大丈夫か。

もう本当、何から何まで恥ずかしい飼い主だ。


又遅れたフィラリア駆除薬

2017-10-20 002
ゆきは普通のモキシデックだった。
他の経口薬もそうだが、嫌がる事無く
服用していた。後々にはチーズに包む等したが
十何年も一体どの様に飲めたのか。
その元祖のモキシはもう無くなる。。。

えみはこの薬も嫌がる為
口に入れ、数秒間マズルを抑え飲み込ませる。
段々グルメになって来たえみ。


ゆきの事と相変わらず食べない福続永へのジャンク

2017-9-23 2448
どうせメインフードにそれ以上の量
更なるジャンクを混ぜる事になる。
であれば固形フードは多少マシな物に
した方が良いかも知れないと。。。


2017-9-23 2449
前回はミニパピー(確か)今回は
アダルト。。。えみは歯の生え方にも
問題が有り、口からボロボロ零れてしまう。
粒が大きいとそれは更に顕著。


2017-9-23 2450
そして相変わらずのジャンク。


2017-9-23 2454
オヤツ類は良く食べる。


2017-9-23 2456
混ぜるジャンク。


2017-9-23 2457
余り好きではないらしいジャンク。


2017-9-23 2459
比較的好きなジャンク。


2017-9-23 2460
お試しで送られて来たジャンク。
余り食は進まなかった。


2017-9-23 2461
ブルー。。。
少し前に販売されたフードだが
良さそう。自分の所の確かエアデールの?
ブルーという仔の為に何とかビショップさんが
作ったらしい。
ニュートロのワイルドレシピ
ベニソンは売り切れで生産が間に合わない為
一時販売停止だと言っていた。


2017-9-23 2468
これも点滴帰りに購入した分。
粒がふくぞくえみには大きい。。。


2017-9-23 2469
ジャンク。


2017-9-23 2472
これは粒が小さく何とか食べては
くれたが1日で飽きられた。


2017-9-23 2476
近所のフィットケアデポにて。


2017-9-23 2478
ネット。


2017-9-23 2479
これもネット。

まぁ、とにかくふくぞくえみ共々
本当に食べムラが有り色も細い。
引き取ったばかりの頃のぞくは何処へと思う。
昨年8月頃、体調を崩して以来
殊の外食に対し厳しくなった。

ふくちゃんに関しては
最初から余り変化は無い。
えみも預かり最初の頃は、食事に対しては
問題が無かったものの 
 
ふくぞくに習い、すっかりジャンク好きに 
してしまった。 

ゆきはこの1〜6才頃の記憶が無い程
食に対しても問題が無かった。
何も問題が無さ過ぎ、逆に苦しませた期間が
昨日の事の様、脳裏から離れない。。。




 

 

えみの異変-黒色腫、得体の知れぬ粘液排尿、乳房腫脹2

2017-9-23 2481
排尿をした中に粘液が混ざっている。


2017-9-23 2482

2017-9-23 2483
2017-9-23 2483
これに気付いたのは数日前だったか。
 

その後、偶々外での排尿の際
排尿最中のえみ凝視していると

ヌルッとした粘液も一緒に
排泄されているところを目視出来た。

その画像が↓

2017-9-23 2484
2017-9-23 2484
これが排出される瞬間を見た。 


そういった状態と重なり
厳密には何時からか不明だが
お乳もかなり腫れ出している。。。
全て腫れているが特に一番上側と
一番下。皆、対で同じ様に腫れてしまっている。

今日は近医が休みだ。。。
自分も点滴に行かなければならない。

止めてしまおうか。

 

再び腫れ出した指の間。。。

黒い塊のあった箇所は
ポッカリと穴が空いた様になっていたのを
確認したが今朝、高い所に乗せ
指間を見ると再び腫瘤の様な物が出来始めていた。 

(入力変換をクリックすると
文字が全部消えてしまうのは何故だ。。。
ブログに関してのみだが)


 

えみの異変-黒色腫、得体の知れぬ粘液排尿、乳房腫脹1

2017-9-23 2480
やたらと脚を舐めていた。
確認をすると
左前肢、2~3番目の指の間に
真っ黒な塊;5mm×6mm程度の;が
見付かった。取ろうとしたが無理。
画像にも残せず。以前ヒト用ではあるも
メラノーマアトラスで見た像と全く同じ。
まだ1才になったばかりの永劫に
まさか、と慌てた。
自分の体調、通院、超短期入院等に因り
ここまで大きくなる間、気付いてあげられなかった。
元々は小さかったのだろうか。

焦る。。。

最近、死亡事故を起こした近医院にしか
行かれない。現在はその獣医にのみ
掛かっている状況。
しかも自分の様々な状況、休祝日も
重なってしまい発見以降、
その獣医;YN;への受診は数日後になった。

せめて舐めない様、エリカラ装着。
観念したのか、或いは調子が優れないのか
元気だけが取り得のえみがかなり大人しい。

近医へ何とか連れて行き、抱っこをしたまま
診察をして貰った。

もしかしてこの若さでメラノーマかも
知れなくて。。。発見してからどれ位成長したか
確認してないんですけど。。。

え?!嘘でしょ!止めてよ~

獣医との会話。

あれ?それって此処?

獣医は左前肢の2~3番目の指を開き
見せてくれた。

取れてるじゃん、ほら、此処でしょ?

そこにはこれまで黒い塊があったと容易に
想像が付く程、ポッカリと大きな穴が開いていた。

取れた?


BlogPaint
近医は薬は要らない、えみ常備薬の
アイプクリームでも塗布しておけば、
と言ったが、取り敢えず炎症も起きている上
まだ付近も腫れている故、ヒビクスを処方して貰った。

今現在、再発はなさそうだ。
左四肢を触ると相当嫌がり、
きちんと確認していないのだが。

取り敢えず一難去って?又一難。。。

---続く---


成長する木