預かり・保護犬・愛護団体他

天性の素質を生かしAAA/AAE活動を経-現,心/膵/肝/肺疾患,腫瘍,変形性脊椎/骨関節症,甲状腺機能低下症と共存する名も無い雑種.従順,気長,賢く,寛容.残り少ない日々,1秒1秒大切に大切に過ごす...が今現在はまるで別犬の様に変身.聴力,視力,嗅覚共に衰え,感覚も鈍り咆哮犬と化す.しかも2013年12月脾臓腫瘍までも発見され,更に腎不全も発症.それでも頑張って居る命の記録と右往左往する頼りなく頭の弱い飼い主の滑稽な姿            旧 http://blog.goo.ne.jp/gyouza100ko_1981

羊蹄と皆。。。

2017-6-17 002
ふくちゃん、周りから離れ一人黙々。


2017-6-17 003
ボッサえみ、戯れ乍ら。


2017-6-17 004
チャイクレに有り勝ちな歯の異常。。。
ぞく程酷くないが乳歯残存も。
後ろに置いてある、腰に当てる物にフォーカス
されてしまった。


2017-6-17 005
ふくちゃん。


2017-6-17 006
ぞくは、自分のベッドに持ち帰り


2017-6-17 007
隠しつつ齧る。


2017-6-17 008
特にぞくの事は気を付けて
見ている必要がある。噛まずに飲み込んでしまう。

ゆきならどうしただろう。。。

恐らく外へ行きたいと意思表示をする様
咥え乍ら玄関と居間を行ったり来たり
こちらを見上げ訴える。
外で埋めるのだ。。。ゆきは。。。


新商品ロイヤルカナン、吐きまくる新商品ドクターズ他新製品と相変わらずのジャンク達

R9311218
猫さん用。。。これは不評。


R9311213
オヤツの牛筋は大好物だが
真ん中、右側の食事も。。。不評。


R9311227
ロイヤルカナンの新作らしい。
えみは、辛うじて数粒食べる。
そう言えばダック&タピオカは
ゆきも食べた。。。何も問題無く不味い物も
文句一つ言わずに食べてくれた。
今回、えみの食べられたこれを注文。


2017-6-17 001
こちらもロイヤルカナンの新作。


2017-6-17 001
同上。試供品を与えるも勿論食べなかった、3頭。

この~functionシリーズは獣医で注文をしても
送料が加算されるのだそうだ。
他のフードは一切値引き無しではあるも
送料加算は無い。。。
ネット注文では恐らくもう少しリーズナブルかも
知れない。


2017-6-17 001
大好物。細かくしフードに混ぜると
呼び水になる場合もある。


2017-6-17 002
ドクターズ、ほんの数年前までは
共立だったが会社が変わっていた。
試供品を試すと、結構順調だった為
一袋注文したが、ふくえみが吐きまくり。
これのせいか否か不明ではあるも。。。


2017-6-17 009
もしかするとこれのせい?
とも思う。これはどうも皆、NG。


2017-6-17 001
こちらのフリカケは3頭共に
受け入れられた。


2017-6-17 001
そしてゆき御用達の一種dbf。。。

ふくちゃんは、食前後に拘わらず
多量に嘔吐。数日間置きに2~3回。
えみは数日持続嘔吐。

獣医には伝えたが。。。


えみ背中タトゥー更にクッキリ

2017-6-17 001
増々、しっかりと印字されてしまった「F」。。。
えみの「E」ならな、否「A」でなくて良かった。
ホーソンのスカーレットレターを思い出してしまう。
「A」の文字は十戒7番目"Thou shalt not commit adultery"
姦淫罪の「A」だった。。。はず。
その様な文字が刻印でもされては一寸嫌だ。

又下らない事を考えていた。


三頭連れだって病院へ

皆一緒は初めてだが、想像通り悲惨。
二頭は小さなストローラーに乗せ
えみのみ歩き。えみも乗せたかったが
ふくぞくが嫌がる。

何度も何度もリードに絡み、転びそうになり
首絞め状態になるえみ。その都度直すには
時間を要した。


R9311219
万が一の事があっては一大事。


R9311220
雁字搦めで、暑くなる前に早々出発。


R9311221
えみは歩き。


R9311222
ふくちゃん計測終了。


R9311223
えみのみ、係留されている。


R9311224
ぞくも計測終了。


R9311225
早く帰りたいふくぞく。

フィラリアはモキシデック基本のハートタブ。
昨日からオヤツも要らないというふくぞくは
家では服用出来ない恐れも有り、病院で飲ませて貰った。

考えてみればゆきは、不味く普通のバファリンの様な
白いタブレットを何の問題も無く服用していたのだ。。。
その他薬剤も、何も考える必要も無かった。


R9311226
漸く、自宅着。

ふくぎん2.65kg、ぞく3.75kg、えみ4.9kg。。。
きちんと食事をしていない割りに体重は減っていない。


食欲全く無し---懲りない諸々

R9311180
このパウチはどちらも好みではなかった。。。


R9311181
或意味、定番化したこちらも最近ではアウト。


2017-6-4 001
チワワ、ダックスでも柴でもないが
購入してみた。ふくちゃんはダックス用は
ほんの少し食べられた。

最近、又ふくぞく共食べなくなった。
これまで同様食べない事に変わりはないが、
2~3日後にはふくぞく順番にほんの少しばかり
食欲の復活は見られた。。。

更に悪い事にえみが、
これ又食べなくなってしまった。

取り敢えず、ふくぞくえみ共、元気はまぁまぁ。



トンデモナイ事になったえみの背中

いつもマッサージは服の間から手を入れ
摩ったり揉んだり等し、薄く弱い皮膚の
異変を良く確かめるのは着替えの際ではなく
上半身、或いは下半身のみ脱がせ良くゝ観察する。
全裸の時間が長くなると掻き毟った場合
速攻傷になり、化膿してしまう。

最近では着替えは1時間も掛からず20分位では
何とか片が付く様にはなった。

今回着替えの際に驚いた。
暫くTシャツ、ツナギだったのだが。。。
と言う事は「これ」が付いた?のは更に前。
気付いたのは一昨日。


R9311186
何だかマダラになってしまったな、と思ったが
遠目に良く見ると気付く。


R9311187
「F」の文字が。

これは、メッシュツナギの上にアップリケで
ショップロゴが縫い付けてある、その「F」。。。
メッシュは思い切り日光を通し、
アップリケ部分のみ日に焼けなかった様だ。

これは、紫外線には充分気を付けてあげなければ
いけないのだな、と改めて知った。

そして、えみには申し訳け無いが
時折、ビーチでふざけ序に何等のシルエットを
刳り貫き日焼けをしたりする人々の様
「ゆき」という文字をえみの薄い服の背中に貼れば
その部分は日焼けをせず、
字が浮かび上がるのだろうか。。。等と
馬鹿げた事を一瞬考えてしまった。

とにかく、驚いた一幕だった。


皆揃って具合悪い

ぞくは左前肢が赤剥けになる程
舐め、齧り更に食欲も無い。

ふくぎんは、粘液便、下痢。
えみは今朝4時前から吐き続け。。。

近医へ連れて行くのは憚られるが
あそこしかない。

昨日フードを取りに行ったが
何だか大丈夫か、と思う程やる気が無い。。。

 

ぞく嘔吐

R9311168
相変わらず首にあるチップだが
ネックウォーマーを外した。
余りにも喉が苦しそう故。
首を保護する為、ずっと付けていた箇所は
思い切り色白。。。
普段、日光に当たっている所との差が
ハッキリ。四肢もそうだ。
暫く袖有を着ており、
その後ノースリーブ等になると白い肌と
灰色の肌がクッキリと分かれている。


R9311169
えみから逃げるぞく。


R9311170
長い首を撮りたいが


R9311171
中々難しい。


R9311172
判り難いが実際には黒と白程
えみの首の色は違う。


R9311173
4号サイズのTシャツは残念乍ら
短かった。。。4Lロングか5Lが良さそうだ。


R9311174
ぞくが、嘔吐。。。


R9311175
気持ち悪そうにしていたぞく。
食欲も無く、だが元気は変わらない。
しかもオヤツは食べる。嘔吐もきちんと消化され
胃液のみの様だ。


R9311176
もう少しアップでの首を撮りたかったが
ガゥーと言い、齧って来るえみ。


R9311177
絶対に捕まらない。


R9311178
えみが齧ると結構痛いが
本人は戯れているつもりらしい。
ふくちゃんに対しても同じ様に唸る為なのか
いつもキレられる。。。
確かにこの唸りはハンパではなく
本当に敵意が有る様に思える程。
小さなふくちゃんも齧られるとさぞ痛いだろうと思う。


R9311179
虫を見付けた?

とにかくえみは、野生児の様だ。。。



「ゴロン」で調子の判断

R9311159
えみTシャツの入れ物と一緒に入っていた紙。
齧りたいふくぞく。ぞくは欲しい紙を
先輩に譲り我慢している表情。


R9311160
 ぞくが半分フレームから切れてしまった。


R9311161
今度はぞくアップ。


R9311162
仲が良い、


R9311163
 ふくぎんとぞく。


R9311164 
仰向けになると喜ばれると学んだ。


R9311165
この格好をし乍らこちらを
チラチラと見る。
撫でられるのを待っている。犬は常に飼い主に
撫でられ話し掛けられるのを待っているのだ、と
改めて学んだ。。。今更。
ゆきもそうだったのだ。。。だがゆきの場合には
本当にこちらからアクションを起こすまで
けして催促する事は無かった。
10才頃、オペ後一度そういった時期もあったが
こちらが忙しくしていると自然とそういった
甘える仕草をしなくなってしまった。。。

もっと撫でられ甘えたかったのだろうと
思うと胸が締め付けられる。


R9311166
ぞくもゴロンは?と言うと同じ格好をする。
それ以降、撫でて欲しい際にも同様ゴロン。


R9311167
食べなくとも、この格好を出来る間は
まだ具合は悪くない、と判断している。


えみへ

R9311158
夏に向け取り敢えずTシャツ4号。。。


やはり吐き気がする散歩

R9311154
とにかく自分でリードに巻き付き
それが気になりその場でジタバタ。
すると 更に雁字搦めになってしまう。


R9311155
急に止まり、後ろへ回り右へ左へ。


R9311156
様々な事物が怖くも有り
興味も有り。。。
途中、マルのフウタ君と辛うじて挨拶が出来た。 

十数分の短い散歩だが、目眩がし吐き気。
これではお互い良くないな、と思う。

ゆきとの散歩は楽しかった記憶しか無い。。。
何も躾けたワケではなかったゆきは
幼齢からヒールが出来ていた。
常に飼い主を見ていた。。。何だったのだろう?

幻のゆき。。。 


良くない傾向

R9311151
これを混ぜると言うより
これにフードを入れる感じではあるも
1回は、規定量の3分の1は食べられた
ふくぞく。

最近ではえみまで、何かを混ぜないと
食べなくなってしまった。
本日獣医へ行き、フードの注文をしたついでに
その旨を話すと、良くない傾向だ。。。と。
本当にそうだと思うが、同じ家の中に居る以上
えみだけフードのみという事は難しい。
何せ、嗅覚が半端無い犬故。。。


R9311152
懲りずにこのカラフルビスケットまで
購入してみるが幸いにも
ふくぞくは余り好きではない。

カラスさん行きだ。


我慢出来ずに

R9311145
又、ジャンクを買ってしまった。
極力買わない様にしているが。。。

人間と違い「食事前にお菓子食べちゃうと
ご飯食べられなくなっちゃう」という事は
無い気がする。
犬の食べられる時に食べておこうといった
習性から、寧ろオヤツが呼び水となり
食欲が甦る事も 偶には有ったり無かったり。

だが、身体に良くなく美味しい物の
味を覚え切ってしまい、逆にフードが進まない事も。。。

ふくちゃんの場合には、オヤツを少し食べさせ
直ぐにフード;ジャンク混じりでは有るも; を
与えると食べる場合も多々。
しかも残そうとした際、千切ったジャーキーを
パラパラ入れると、それに釣られ乍らフードを完食
出来る事も。 

ぞくは、食べたくない時には頑固にも
一切食べないが、大きな声でふくちゃんや、えみを
褒めると、必死で食べ様と試みる。
ボウルの周りを舐めてみたり食べている素振りをする。
実際には食は進まないのだが。。。


お通じの中に骨?!

R9311140
画像は数日前、裏でぞく排泄後。。。
当日は自分の体調が優れず
撮ったのはこの日になった。 
排泄後、中々戻らないぞくを見に行くと
案の定、食糞をしかかっていた。

我を忘れ思わず「ダメッ!!!」 と叫んでしまった。
排泄直後から、怪しい形状ではあった。


R9311141
 この頑丈な骨が柔らかい腸を突き破らずに
無事に排泄され、取り敢えずホッとした。。。


R9311142
崩し、触ってみると結構消化はされ


R9311143
柔らかくはなっていたが。。。


R9311144
思い当たるのは、あの羊蹄しかない。

4~5日前、其々に与えていた蹄の数が撤収時
実は一つ無くなっていた。
こういった事はガム等でも時折あった。
ベッドや敷いているタオル等を叩くとコロッと
落ちたり必ず見付かっていたのだが
この時には、見付からず。。。
何処かに有るだろう、と高を括っていたのが
いけなかった。まさか、
ぞくの胃の中にあったとは怖い事だ。

ぞくは何でも噛まずに飲み込んでしまう。
蹄やガムも飲み込める程度の大きさになる前に
大きい物と交換するのだが
この蹄も大きい物と交換をしてはいた。
だが、
既に小さくなったふくぎんの分を食べてしまった様だ。

やはりガムもそうだがこういった物を
与える際に、特にぞくからは目を離してはいけない。

飼い主のケアレスミス。。。


引っ越して来たお隣さんが

R9311131
出掛けるらしく、外に居たぞくが
吠え狂ってしまった。。。しかも大人数家族が
民族大移動の様、大荷物を運び出し暫しの時間を要していた。

普段は極力、
東西南北隣地住人が庭に居ない頃合いを見計らい
外へ出す様にしているのだが、
今回は想定外だった。
その為、ゆき一号機に乗せられている。
この上では滅多に吠えないぞく。


R9311132
えみまでも吠え捲るぞくの右に倣え状態になっては
大変困る為、えみの気を反らせる。 が、
ふくちゃんへの挑発は止まらない。
辟易としその場を去るふくぎん。


R9311133
東隣地の移動終了後、自由の身になったぞく。
門外私道を歩く人を見付け
かなり遠くからの匂い嗅ぎ中。鼻が小刻みに
動いている。この後、気を付けなければ
吠える場合も有る。


R9311134
ぞく!と呼び我に返らせる。 
吠えずに済んだ。。。

トリミングし1日、既に涙焼け。
しかもトリミング後には必ず前肢と首を
痒がる。。。何故だろうか?



トリミング終了直後は。。。

ぞく1
こんもりとしたマズル。。。
with ひまわりの飾り。


ぞく2
このフカフカが自宅に戻ると
一瞬で凄まじい事になってしまう。


ぞく3
「お利口さんでしたよ」といつも
言って貰うが、その実嫌で固まっているだけ
の様だ。それでも、一瞬たりとも鋏を
入れられないえみよりは何十倍も良い。

えみ小僧は、と言えば
顔を触られるのが大嫌いなのかと思えるが。。。
人の手が顔の前を横切ると逃げ捲る。
かと言い、ハンドシャイという訳でもなく
ふざけていると思っている様にも見える。
大きな耳が片側、裏返ってしまいそれを
直そうとするも、案の定思い切り顔を横に向け
避け逃げてしまう程。

いつになればトリミング出来るのだか。。。

(トリマーさんが撮影してくれた)




直ぐに帰りたくなる

R9311135
ふくぞく散歩。
ふくちゃんは先に行きたいがぞくは
ゆっくりじっくり匂い嗅ぎをしたい様子。


R9311136
一度少し離れたが戻って来たふくぎん。

この2頭も早く帰りたくなる。


気持ちが悪くなるえみ散歩

R9311129
この日は何時もにも増して
グルグルグルグル。。。
余りにも回る為、気持ちが悪くなってしまった。


R9311130
 トイレ。

えみは落ち着く事があるのだろうか、と
不安だ。


ふくちゃん、医院へ

R9311123
少し怖かったが、伸縮リードを使用。


R9311124
 ハラハラし乍ら。


R9311125
ふくちゃんも慣れた道は好きだが
見慣れない道は余り気が進まないらしい。


R9311126
 BAさん宅近く。
オヤツを貰える場所として記憶されている為
脚が早くなるが、残念乍らそこを越して医院へ。


R9311127
医院近くなり、万が一を警戒し
二本リードに変更。

珍しく嫌がる事無く、診察室へスタスタと
入って行った。 
 元気そうなふくちゃんに相変わらず、
いつも通りの様子見。

食べない事は、もうしつこい程伝えているが
毎回「困ったねぇ~、どうすれば良いかね~」で
話は終わってしまう。

オヤツ効果の為か否か体重は
2.75kgに増えていた。。。

病院を変えたいが、本当に適切で適宜な所が無い。
山盛り検査検査で算術にならず、
かと言い、やる気の無い「様子見」 獣医、
そのどちらでも無く中庸の取れた獣医は中々居ない。。。


R9311128
困った。。。



緑色の吐瀉物、嘔吐

R9311119
裏に居た為、誰だか判らない。。。
最初は胃液色だったが、時間の経過と共に
緑色に変化した。


R9311120
多分、ふくちゃん。。。

その後、病院へ。


もう止めよう止めようと思うも。。。

2017-4-28 001
又、買ってしまったジャンク。

昨夜はふくぞく共、食欲が無かったが
お菓子は食べた。
もう最近ではジャンクオヤツを食べるか否か
という事が或種のバロメーターと
なってしまった。。。

大変良くない傾向。

今朝も又、二頭共フードには手付かず状態。


買ったけどどうしよう?

R9311107
伸縮リードは余り本意ではないも
何と無く購入してしまった。

ゆきにも何度も買い、その都度直ぐに壊れた。
3~4個は壊れたかも知れない。。。 
一つだけまだ残っている。

二本リードで散歩するが、そうすると
この伸縮リードの使用方法はどうするか?
二本の伸縮リードが必須という事になる?

ふくぎんにも好きな場所がある。
伸縮リードがあればそこで使えるなぁ、と思っていたが
数年前のリードも一本だった頃の話だ。

ハーネスもきつめにした上
手首に巻けそうなストラップも付いている故
これを使用すれば良いか?


パワーが切れてしまいました

R9311094
ふくぞくに続き、
えみも散歩へ連れて行く予定だったが
パワー切れの為、断念。

あの羊の蹄が気に入り戯れ中。


R9311095
ボールを扱う様、自分で飛ばし
戯れまくり


R9311096
走り咥え


R9311097
前肢を使い、エアーホッケー擬き。。。


R9311098
ジャンプし


R9311099
齧り付く。


R9311100
ふくぎんやぞくに接する時と
同じ行動。。。
玩具、ボールもガムも仲間達も
えみに取り、同一線上にありそうだ。


R9311101
どの程度身体が熱くなったか確かめる為
漸く捕まえ。。。やはり一枚脱がせる。


R9311102
たいそうお気に入り。


R9311103
少し飽きた?以前、チャイクレは
パンティングをしないと耳にした事があるも
えみ、思い切りパンティング中。


R9311104
懲りずに暴れまくり。


R9311105
まだ飽きていなかった。


R9311106
棒の様なこの細さ。。。

食事もふくぞくにも混ぜる
美味しそうな風味のジャンクも少し加え、
スキンケアプラスJRも、規定量以上与えるも
太らない。。。

暫く外で暴れ、後に部屋へ戻る。



 

一枚だけしか撮れなかったが

R9311093
二頭一緒に。リードは万が一の為計4本。
ハーネスが抜けてしまう心配も然る事乍ら
本当の理由は、又貧血でも起こしリードを放して
しまう危険が無いとは言えない為。。。
一本は手首に巻き付けるが、
これが大騒ぎするえみの場合には不可能。 
一本を手首に巻いていると、忙しないえみの
動きに合わせ切れない。

この二頭も急に止まり、前進を拒否したり等は有る。
その際には素早くリードを持ち替えなければいけない。

この日はパンティングが出る程日光が眩しく、
黒いふくぎんのみ一枚着せる。

二頭は直ぐに帰りたくなってしまった。。。


今度はどうだろう-ジャンクagain & again

R9311090
Sが思いの外ブカブカだった為、
SSを購入してみるも、まだ試してはいない。

ふくちゃんのお古がピッタリだったが
それがSSかSSSだったか。
痩せてはいるも、体は大きい故3Sでは
きついだろうとは思う。。。

そしてジャンク再び。


相変わらずのジャンク

R9311069
ミンチ状。。。
これは余り食べず。相変わらず
スキンケアプラスJRと混ぜるが
割合が拙かったかと思い、いつもの様
ジャンクの量を増やすも、食は進まなかった。


R9311072
右のチョイあげささみチップは
かなり好きなオヤツ。
左は愛犬元気かペディグリーチャム。
両社は生産国も行程も全く同じ、
ラベルが相違するのみだが。 
この数日は、相変わらずふくぎん、ぞくは
代わる代わる食欲が無くなる。
今朝は二頭共に食欲が全く無かった。。。


えみの夏服

R9311070
早めにえみの夏服を購入しておいた。
問題は袖部分が無い事。。。
夏服で袖有を探す方が難しい。
気温の高い日の昼間着せたが
この不安は的中してしまった。
早速肘に怪我をした。
これの上にフリーズのツナギも着せたが
同様、袖無しだ。

そして病院へ 行く羽目に。
取り敢えずマキロンで消毒はしたが。


R9311071
生地はかなり薄く、真夏でも何とか
いけそうだ。

えみの裸を見る度に毛が無いって気の毒だ。。。
と痛感する。ネックウォーマーも
首まで回ってしまったチップを保護する為
外せない。本当に真夏はどうすれば良いのだか。


取り敢えず噛む

R9311078
羊の蹄を噛み中のふくぎんと


R9311081
ぞく。

えみはせいぜい十噛みで撤収する。
体は大きいがまだ1才にもならない。 


不安はあったが無事帰宅出来た

犬物セールだと聞き、意を決し出掛けた。
正直 途中で息切れ等が現れたらどうしようかと
不安ではあったが無事帰宅出来た。

帰宅時
玄関ドアを開けるや否や怠さが急に襲い
暫く座り込んでしまったが大丈夫だ。
病は気からだと信じ様。

余り長い時間ショップを巡れない故、
目に付いたリーズナブルそうな物のみを購入。
抑々の値段が書かれているも見えないのは困る。
セールらしき商品は一般の物の中に紛れていた。 



R9311073
オムツはセールではなかったが
えみ用に、だがSでは大き過ぎだった。
痩せているえみにはSSが良い様だ。 

有りがちなフレーバーロープだが
チキン味があった。バターも。。。
ゆき在りし日には、イチゴやバナナ等の
フルーツ系しか無かった。チキンやバターが
あれば買ってあげられたのに、等と考えつつ。。。
だが、残念乍らふくぞくえみには余り
評判は宜しくない。

羊の蹄も購入してみたが面白い事に、
誰かが噛みまくり柔らかくなった物を取り合っている。
本来、余り硬いガムは良くないとは思うが
歯磨きが苦手なふくぞくには
5分程度は噛んで欲しいと思う。


驚くべき伝染

ふくぎんのヒート中マウントは
言わば恒例となっている。
過大なストレスになるだろうと思われる際には
ぞくと離すがそれ以外は殆ど一緒。

だが

4月2日からヒートに突入したぞく。。。
;この2頭のヒート時期は殆ど一致;
4月11日から驚くべき行動が見られた。


2017-4-13 001
やたらふくぎんの匂いを嗅ぎ始めるぞく。


2017-4-13 002
ふくぎんもジッと嗅がせている。


2017-4-13 003
ピッタリとくっ付く。


2017-4-13 004
何見てんだよ?のぞくと
あれ?もう嗅がないの?なふくぎん。


2017-4-13 005
えみの様子を伺う。


2017-4-13 006
再び匂い確認。


2017-4-13 007
ふくぎんもえみの様子伺い。


2017-4-13 008
柱の陰で匂いの嗅ぎ合い合戦。


2017-4-13 009
尻尾追いをするえみ。


2017-4-13 010
極力直ぐに止めさせるが、この仔も
ストレスが有るのだろうな、と思う。


2017-4-13 011
ラテックス手袋で気を引く。
噛み易い為、上手くいけば投げ
キャッチする事も出来る。
キャッチすると自分で驚くえみ。褒めるも
喜びが余り見られない。


2017-4-13 012
マウントするぞく。


2017-4-13 013
満更でも無い表情のふくぎん。


2017-4-13 014
ぞく、必死。


2017-4-13 015
相変わらずあちらこちらでのマウント。


2017-4-13 016
えみも参戦して来た事に
苛々するふくぎん。
嫌いなえみが近付くも逃げない程
マウントに集中するぞく。


2017-4-13 017
何時もの様、矢面に立ちぞくを守るふくぎん。


2017-4-13 018
えみが何処かへ去り、安心し
マウント再開。


2017-4-13 019
止まらぬマウント。


2017-4-13 020
えみが再度近付き、
追い払うふくぎんを追うぞく。


2017-4-13 021
本気で怒りギャンギャン、キャンキャンと
高い声で怒りをぶつけるふくぎん。
まるで「恋路を邪魔するな」的な勢い。
様子を伺うぞく。


2017-4-13 022
遊んでいるつもりらしいえみ。
追い掛けられ嬉しい。


2017-4-13 023
あっちへ行け!と追い払う。


2017-4-13 024
お構い無しに、再びマウント。
えみはどう思い見ているのだろう、と思う。


2017-4-13 025
又、追い払われるえみ。


2017-4-13 026
「邪魔なんで」と言われている気がする。


2017-4-13 027
加わりたいえみ。
もう少しえみが小さいか、ふくぞくが
大きければえみもマウントに加わっているのか?
と思う事もある。

元々のふくぎんマウントに加え
ぞくまでもする様になった。
これまではふくぎんを抱っこすると
ぞくは「自分も自分も!」と
派手に焼餅を焼いていたが、マウントを覚えた後
同じ様にふくぎんを抱っこすると
これまでとは違いこちらに向かい
「下せ、自分のふくぎんだ」
と言っている様に見える。ふくぎんを下すと
あちこちの匂いを確認しベッタリと傍から離れない。
以前は、今度は自分を抱っこしろ、と言っていたのだが。

お互いがマウントをする様になり
益々この二人は仲が良くなった。
因みにふくぞく共、雌だ。


 
成長する木