飼い主の呟き

天性の素質を生かしAAA/AAE活動を経-現,心/膵/肝/肺疾患,腫瘍,変形性脊椎/骨関節症,甲状腺機能低下症と共存する名も無い雑種.従順,気長,賢く,寛容.残り少ない日々,1秒1秒大切に大切に過ごす...が今現在はまるで別犬の様に変身.聴力,視力,嗅覚共に衰え,感覚も鈍り咆哮犬と化す.しかも2013年12月脾臓腫瘍までも発見され,更に腎不全も発症.それでも頑張って居る命の記録と右往左往する頼りなく頭の弱い飼い主の滑稽な姿            旧 http://blog.goo.ne.jp/gyouza100ko_1981

唯のシャネル好き派手なおばちゃんと不細工なコンビ

だと思っていた。



ハイヒール、モモコ&リンゴ。

何等の番組で偶々、ハイヒールの漫才を観た。

それまで一度も観た記憶も無く
申し訳け無い程言葉は悪いが
リンゴはロクな内容のコメントを発しない不細工な
ワイドショーのコメンテーター、
モモコは貪欲な派手好きおばさん。。。
位にしか思って居らず、一体何処が漫才師
なのだろうと感じていた事が一瞬で払拭された。

どうも両ボケの様なテンポの優れた漫才の中
リンゴが噛んでいる事に気付かず
少し話を進めていると受けるモモコの方は
ネタにしつつ軌道修正をしていた。
そして更にそのフォローを受けるリンゴも笑いに変える。

久し振りに見た女芸人の漫才らしい漫才だった。

卑賎な漫才もしない女芸人だと思っていた事は
大間違い、申し訳けなくさえ感じた。
此処最近では珍しく巧いなぁ、と思える女芸人だった。。。

男芸人ではオリラジも好きだったが
最近では余り面白いと思える芸人が居ない。
サンド、東京03位になった。

チュートの電化製品漫才は面白いと思ったが
何故かこの1~2年はテレビでは
漫才を披露しなくなってしまった。

女芸人のみならず、男芸人も本当に興味深く
ネタの面白い芸人が中々出ていない気がする今日此の頃。




う~ん。。。何だこれ

R9311583
PC本体の方ではONにしてる。。。



どこが違うのかな。。。

R9311589
未だにゆきの食べられない物が主食。
ルックチョコレートのいちごシリーズ。
一つだけやたらと酸っぱい物があった事のみ
判ったがそれ以外の違いは微妙な差。


R9311590
下はカカオ含有量が相違するチョコレート。
普段、ミルクメインでしか食べないが
これはかなりミルクっぽく感じた。ハイカカオから
順に食べた故か?


もう一つの月命日

母親の。
毎月22日にはコーヒーを煎れる。
自身で築き上げた全てを奪われ
30代で亡くならなければいけなかった
母親の無念を思い起こす。

母親はコーヒーをブラックで飲んでいたのだろうか。
砂糖ミルクを入れたのか最早誰にも判らない。
唯、コーヒーが好きな記憶は残っている。

兄姉は皆、亡くなった。
8人兄姉の一番末っ子だった母親は
とにかく強い人だと良く耳にした。
その話を聞く度、自分とは似ていないな、
と感じた。

一番上の兄が亡くなり、次に末の母親が
亡くなった。母親と仲の良かった数番目の姉や
他の兄姉達は
「おばあちゃまは玲子ちゃん(母親)を一番可愛がってね」
と言っていた。
その「おばあちゃま」という母親の母親は
相当な人格者なのか、会った事も無いが
悪く言う人は誰も居ないどころか
寧ろ亡くなり何十年も経ったにも拘らず
賞賛の声しか聞こえて来ない。

親しかった母方は全て居なくなった。

引き換え、父方の老守銭奴達は相変わらず
パラサイトとして伸う伸うと生きている。

理不尽さを感じる気持ちは禁じ得ない。
こういう事は有り得るのだなぁ。。。

無宗教、無神論ではあるも、やはり何かの
動かし難い力が何等に作用する事を
心の何処かで信じている。

実際

天網恢恢疎にして漏らさず---




嬉しいよね、ゆき、ほら。。。

R9311540
奥にある赤と、白く見える枯れてしまった元々
黄色いケイトウは昨年、全く咲かず。。。
花屋の話ではケイトウ自体はとても強いが
最近ポピュラーなまとまって生えている
多色ケイトウは根が細いのだとか。その為
弱いと聞いた。
昨年は植えた途端、枯れてしまいガッカリしたが
今年は何故か咲いてくれた。根を残した記憶は
無いのだが。更に隣のピンクは
どうもニチニチソウではなくインパチェスの様だ。
今日現在、二輪に増えていた。


R9311541
ベゴニアは今年夏前の子達だが
まだ頑張ってくれている。


R9311542
ガーデンマム、これも昨年。。。
少し前まで、真っ白の花が毀れそうに咲き乱れていた。
来年はどうだろう。。。


R9311543
今年のカランコエとベゴニア。
数日前から左側のベゴニアが完璧、
グニャグニャになってしまったが理由が
判らない。。。


R9311544
本当に嬉しかった、この子は
昨年のベゴニア。今年購入したベゴニアと
全く遜色無く立派に咲いてくれている。


R9311545
何とか枯れずに育てたい。


R9311549
。。。と言っている傍から
えみにやられてしまった。


R9311557
花が沢山、千切られてしまった。
何度も注意するも効き目無し。

ゆきの大好きだった庭。。。
ゆきへの供養。



件の「鍵」

BlogPaint

これが全部無くなったらオワル。

しかしあの記憶は何処へ。
未だにその間の事は思い出せない。。。

と言うより
一定の時間が抜けてしまった感覚。



誰だろう

BlogPaint
無線に繋げた途端、
他の誰かの機器も序に繋がった。
下は自分のパソコン。。。
この電波を受ける範囲内から繋がっているが


BlogPaint
AVASTのデバイス診断をすると
こうなった。。。


BlogPaint
パスワード自体判らない。
しかも後からは、NECの何等のデバイスまで
追加されている始末。

何だか怖いな。ウィルス。。。


慰霊祭と月命日

今日はゆきの慰霊祭だった。。。
が、行く事が出来なかった。

母親の月命日も今日、22日。


願いが飛んでも無い形になってしまった2

飛んでも無い事態、それは
記憶が全く無くなった事だ。。。

あんなに望んでいた事が思わぬ容となり現れた。

鍵を何処に置いた、携帯が見当たらない、
財布どうしただろう、昨晩何を食べたか等と
細かい内容ではなく
或一定期間、時間?の記憶が抜けてしまう。
全く思い起こせない。
大凡、30分長くても1時間程度の出来事だと思う。

若年性アルツハイマーではなかろうかと
青くなった。
BAさんの事を言っている場合ではない。

抑、アルツハイマーの症状というのは
どういったものなのだろうと不安だが
検索するのも恐怖。そのまま放置。
まぁ、そうなれば逆に幸せだろうな、とも
思ったり思わなかったり。

我侭な話。。。
記憶は無くなりたいが、某時期の記憶のみ。
現在の生活上にて、無くなってしまう事は
大変な不便が生じる。

数ヶ月前、BAさん宅から戻り鍵の無い事に
気付く。家に入れない。焦る。
確実に落とした。それ以外には考えられない。
それもBAさん家~自宅までの間。
何故ならば、BAさん宅の鍵もキーケースに付けてあり
訪問時は鍵を開け、後にする際自分で閉めて来る故。
その日も間違いなく鍵を掛けお暇しているはず。
でなければBAさんは烈火の如く怒り
携帯が引っ切り無しに鳴る。
あんた玄関の鍵、何で閉めてってくれないのよ?
鍵渡してる意味無いから返して!
泥棒に殺されても良いと思ってんでしょ!
等々。。。まぁ実際自分で閉められるのだが
玄関框を下りたくないというだけだ。

BAさんからの電話は無い。

急いで記憶を辿るも、
BAさん宅から出た後からのものが完璧に消えていた。
いつもの道を通った事も
道すがら誰かに会ったかも知れない事も。

慌てふためき、二通りの道を探した。
BAさん宅へは大通り沿いと裏道がある。どちらを
通り帰宅したかも全く記憶に無い。

必死の形相で探し中、チョコ飼い主さんと擦れ違った。
鍵を落とした旨を伝えると
真っ先に交番に届けた方が良いと
アドバイスをくれた。

髪を振り乱し、交番へ駆け込む。


---続く---




願いが飛んでも無い形になってしまった1

そう切望していた。

ゆきを旅立たせてしまった後からではない。
もう何年も何十年も前、恐らく幼少期、
ゆきと知り合うずっと、遥か昔から。。。
それと無く思っていた事は
冗談の願望が切望に変わり、気付くと
渇望という容に姿を変えた。

小学生か中学生頃、具体的に紙に書き留めた。

4歳から11才まで
否、3才からか?違うなぁ、3才はまだ。。。

BAさんとの因縁が始まったのは4才か5才。
それまでは母方の姉が居てくれた。
それ也に無邪気な時を過ごせたはずだ。
という事は---

〇〇才~〇〇才、
これは記憶喪失になりたい年齢の事。
間、数年間を除外し又、〇〇才からの5年間。。。
等と有り得ない夢を紙に認めていた。

今でも時折そう願い、朧気乍ら如何にも
ぼんやりと考える事もある。

だがそれが警察まで巻き込んだ大騒動、
飛んでも無い事態になってしまった。

---続く---


ダメっぽい事を沢山してた様だ

PCを大事にする、という事がどうすれば
良いのか解らず、これも担当や担当外の人にも
聞いた。。。

小まめな清掃という事は理解出来るのだが
PCの掃除と言ってもエアダスターで埃を吹き飛ばす
程度しか思い浮かばなかったが
エアダスターを使用すると、逆に
放熱する箇所等に埃を巻き込んでしまうのだそうだ。

年一回、きちんとオーバーホールをするのが良いとか。
9月に直した事を考えると次回は8月頃かと
確認をしたのだが、夏前が理想的だと教えてくれた。
夏になると更なる高温に因り、埃が
くっ付いてしまう故。
とにかくこのピンクソニーは半端無い埃の塊だったと。
これまで数多くのPCを開いているPC屋が
半ば呆れ顔でそう話すという事は、相当だった
のだろうなぁ、と思う。

どういった場所で使ってますか?

という質問にその凄まじかった事実が集約されて
いる様に感じた。PCを丸々渡すというのは
中身もそうだが、こちらの生活が丸裸になる気がした。

そして
全く粗末で乱暴な扱いをしていたと反省する点。。。
電源を入れっ放しでSDを抜いてしまう、
滅多にはしないが持ち運び;これもONの状態にて;等々
埃以外にも相当、PCに負担を掛けていた。ノートPC故、
持ち運び用だと安心してはいたが
それでも電源がONの状態で動かす事は
全く薦められないらしい。

5年持つと言われているが、と再度確認をすると
おかしいと感じ直ぐに対処をし部品交換等をすれば
という意味の様だ。先のPC等は部品交換も出来ない代物、
といった事を考えると納得出来る。

クラッシックカーを例に出し解り易く説明された。
結局、レトロカーも部品を取替え
点検を怠らず大事に乗ればそれ也に保つが
もう合う部品も無くなり、
何処をどう修理したとしても乗れる状態では
無くなる、それがこのPCの場合5年という事の様だった。

抑、電源がONの状態でSDカードを
抜いてはいけない等とは考えもしなかった。
どうもSDを入れた際、毎回毎回変な画面が出る事は
気付いていたが、皆出る物だと思っていた。

知らないとは恐ろしい。。。

更に、二回目の修理のメモリー箇所。
これはかなり脆弱な部分に組み込まれ軽くネジで
留められているのみ。中はグラグラな状態だと
目で確認させて貰った。
素人でも簡単に自分で交換出来る様にするのが理由
らしいが、振動には極力留意しなければ
いけない様だ。

本当に雑で粗放な扱いをしていたが、
動かない固まる、変な表示が出ると言い乍ら
良く5~6年も保ってくれた。
これからは極力大切に扱おうと思う。


民主も関係とは?!恥ずかしい勘違いとPC事情

まぁ、本当に知らない事だらけだった。

抑、PCを恐らく15年は使用しているにも拘らず
何時までたっても超初心者ではあるも。。。

二回目、メモリー基盤の故障らしいという事で解決し
PC屋から連絡があり何日も経過後
漸く先般、取りに行く事が出来た。

最初にこのソニーを渡す際
このPCだったら直せば後5年は持っていられると
PC屋は言っていた。
5年。。。余りに未知過ぎ、先の事は考えられないが
とにかくまだまだ大丈夫だ、と全く動かなくなった
しかも立ち上がりすら不可となり
ハードディスクもボロボロなこのピンクソニーを
一瞬見るなりそう言い切った。
その本当の意味が後々明確に解る事となったのだが。。。

二回目にPCを引き取りに行った際には
担当が居らず、違う人だった。
そこで又、沢山興味深い話を聞く事が出来た。

これまではメインPCが有り、サブ的にもう一台を傍に
おいて置いた。それがエイサーだったのだが、
今回、エイサーは直さなかった。可哀想だったが
破棄する事になった。
その為、リーズナブルなサブPCを探している旨を伝える。
今のところ探しているのは
せめてi3以上、SDスロットや無線LAN有りの格安
デル、レノボ他辺りに大凡目星を付けているとも話した。

するとPC屋は奥からエイスースのPCを出して来たかと思うと
もう直せない状況だという殆ど開けっ放しになった
それを開き中の基盤を見せてくれた。
恐らく開けっ放しにしてある理由は、お客さんに
その状況を説明する為だろうと思った。

---以下、PC屋との恥ずかしい勘違い有りの会話---

本当はこの基盤、此処まであるはずなんですよ、
これ(ピンクソニー)はちゃんと一杯一杯に詰め込んで
あるんですけど、これは(ASUS)此処で切られてて
それにバッテリーもこれ、ほら一体化しちゃってて外せないでしょ
電池が代わりに入ってる、これね。

黄色いビニールテープの様な物に巻かれた
粗末な如何にも電池が2本繋げられ押し込まれている。

SDカード入れる所も一体化してるから、あ、それに
キイボードもね、ほら。。。
だからバッテリーが壊れたり、キイボードが壊れても
もう直せないんですよね。バラバラに分けられない。
分解不可能なんでね。
使い捨てだと思って買った方が良いPCなんです。
値段をもう少し上げれば、多少又変わるんですけどね。

今回、HPのPCで凄く良いの見付けたんですよ、
4万台位だったと思うんですが
だとそれも中身はこんな感じなんですかね?
それでも4万は高い気がしたんですけど。。。
セルロンとかだった気がするし。

そうですねぇ~、PC3~4万やそこらじゃ儲け取れない
ですからね。で、実際日本よりも外国の方が
本当は技術的に可也進歩してるから、
逆に何処で手抜きをすれば良いか良く判ってるんですよね。
起動するギリギリまで色んな物を削ぎ落としてて。。。

だけど、このソニー買ったのって
2011年頃で、新品でしかも
型落ちでもなくてi5で6万台だったと思うんですよ。
今そういうの探しても全然無くて。
これを買ったPC屋も見てみたんですけど
もう余りPC扱ってなかったんですよね。
何でなんでしょうね?不思議だなと思って。
こんな条件の揃ったPCがその値段で買えたのって
何でだろうって。何か最近、
PCの金額高くなった感じがするし。

オフィス有りますか?

あ、浅草か上野だったかな?と思うんですけど
ちゃんと店舗も持ってるPC屋さんでした。

え。。。と、じゃなくてパワーポイントとかの
オフィス。。。

あ、付いてます、付いてます。
でも6万っていう破格だし、その他のPCも同じ位
安価だった記憶があるんですよ。他店舗でも。

その頃って丁度、民主が政権取ってて
デフレだったんですよね。PCも底値で
そこから又、現在に至るまで上がり続けてるんですけど。

驚きだが、そういった事情があった様だ。
道理でこのピンクソニーの様、
好条件低価格のPCが皆無なワケだ。
全く想像をしなかった。

そして更に
先の粗末なPCの中身から、エイスース(中国)、
レノボ(香港)、デル(米国)、HP(米国)、エイサー(中国)
は皆、似たり寄ったりだと教えてくれた。
エイサー、レノボはまだ少しはマシだ、とも。
安価なPCであれば、2~3年で使い捨て、と覚悟を
した方が良いそうだ。先のASUSは、購入して1年。
その次に見せてくれたレノボも2年だとか。
レノボも現在は品質が相当落ちたらしい。少し前の品物と
中身が変わって来ている様子だ。

流石PC屋、数多くのPCを修理する為に
分解している故、しっかりと中身の事情も把握
出来るのだなぁ、と感心した。

このピンクソニーを見た担当が
これなら5年は持ちます、と言った理由は
結局、当時VAIOを扱っていたソニーがPC全盛期だった頃。
妙に納得した。
現在はソニー本体から離れてしまい
VAIOの中身はどうなのだろう。。。
それでも勿論、
ソニーHPを見ればVAIOを扱い、後押しはしてくれている。
もしその頃、PC底値時代といった事が判っていれば、
色違いで2台位購入して置けば良かった。

それにしてもオフィスの間違いは
穴が有ったら入りたい気持ち。
今回のPC屋が、このピンクソニーを購入した
ショップが何等かの潜りか何かかと怪訝に思い
きちんと事務所を持っているのか確認したのだと
勝手に勘違いをしてしまった。。。

更に担当も、そうでない人からも
PCを扱う際のアドバイスをして貰った。

---続く---



生に執着する陋劣な自分を抹殺したい

不整脈として様々な症状が出ている、
この心臓。。。

心臓に元々疾患があると
使える薬剤も狭まるそうだ。

ちゃんと治療していかないと大変ですよ、

既に顔見知りとなってしまった物忘れの酷い主治医疑き。
或程度自身の先を伝えられ
初めてもう少し生きたいと思った。

まだまだ死ねないや、とふくぞくえみという
列記とした美名の下、卑怯にもそう思う自身が
許せない。。。

ゆきを殺めたにも拘らず、
自分は何なんだ、自分は生き様とするのか。

何処までも陋劣だ。


これが一回目の修理後画像

R9311472
気付くとこの画像が出ていたり


R9311473
何度もこの画面に切り替わり


R9311474
又、こういった画面にも悩ませられる。


R9311475

R9311476

BlogPaint

BlogPaint

R9311478
動画等を観ている最中では、
何十回も最初から再生し直すろいう事態だった。


R9311481
漸くブログに辿り着いたと思うも


R9311482
シャットダウンされ再び最初から。。。

この様な状況になり、もう一度直す事となり
昨日、取りに行ったという経緯。





消えてゆくゆきとの思い出

漸く、PCを取りに行った。
今回はメモリー基盤の損傷だった。

画像は多分欠けてはいないと思うも「お気に入り」
が全て消え失せていた。
一度戻った際にはまだきちんと残っていた
にも拘わらず。。。

ゆきとの思い出が少しずつ失われていく。。。


自分の大罪-実はbaさんの想像を絶する傍若無人振りに助けられている2

baさんが肘の骨折をしたのが昨年、
2016年の6月末だったと思う。
ゆきを旅立たせてしまい約3ヶ月後。。。

baさんから悲惨な声で電話。
もう病院も閉まる 時刻。
救急案内に連絡し、
ギリギリ開いているクリニックへ。
まさか骨折しているとは想像だにしない中
入院設備の無いそのクリニックからの
紹介にてあざみ野の整形へbaさんを
連れて行き、自分のみ一旦戻ったり等。。。
入院手術では一日二回面会へ行く日もあった。

baさんの暴言や態度は加速度的に増す。

そして今回の背中圧迫骨折。。。
入院は絶対に嫌だと呪く。日に何度もbaさん宅へ。
相手をしつつ、baさんリクエスト買い物、
役所関係等へ行かなければいけない。

兎に角
自分の身体がどうのこうの等と
言っている間が無い程に振り回される。

。。。だが、baさんの件にて奔走をし
暴言を吐かれている
その間のみ、
ゆきを苦しませてしまったという事実から
目を逸らして居られる。。。

baさんの咳を聞き、
ゆきも咳をしていた事、何故あの時レントゲンすら
撮らなかったのだろうと悔やまれ
申し訳無い気持ちで溢れ、
辛かったであろう彼女の顔が一瞬頭を過るも
直ぐに現実の厳しさに掻き消される。

そういった事も全てbaさんの傍若無人振りが
成せる業。
それは、一瞬逃れられるのみであり
けして自分がしてしまった事が
消えるワケではないのだが。。。
一瞬でも自身の犯した罪を忘れ様とする事自体
ゆきに対する冒涜かも知れない。。。
しかし、
それでも究極の選択。

---lesser of two evils---








 









連絡

昨日パソコン屋から電話有り。
今直ぐにでも手元に欲しい。。。
しかし、病院帰りにはとてもでは無いが
受け取りに行くパワーも気力も無かった。

精々、近所のドラッグストアで
フードに混ぜるジャンクを買うのが
精一杯。しかも今日も取りに行かれず。

電話で状態を聞いたが悲しいかな、殆ど
記憶に無い。又、初期設定をしなければ
いけないのか?




 

実はbaさんの想像を絶する傍若無人振りに助けられている1

baさんの半端無い勝手気ままな言動に
毎回、振り回され捲っている。 
こちらの体調が優れなくとも お構い無し。
抑、脇腹を摩る等、具合悪そうな態度をし様ものなら
あんたのその陰険な顔見てると
こっちまで気分悪くなるから
来なくて良いから、わざわざそんな顔見せに来ないでよ。
と相変わらず、口に毒があるとはこの事だと毎度
痛感はさられる。或いはあんたが倒れたら
誰があたしの面倒見るのよ、とも。。。

来なくて良いという嬉しい言葉を
鵜呑みに してしまった日には
劣化の如く怒り狂うクセ。

兎に角一番困るのは、こちらが
言ってもいない言葉を言った、逆に
何十回も伝えた内容を全く覚えておらず
聞いてない、いい加減な事言うな、とこれ又怒る。

引っ切り無しに高額買い物をしてしまう事も
去る事乍ら

その様な中で最高級に超最も困るのは
物が無くなった、盗られたという妄想。
最近では誰かに渡してしまった、という有り得ない話の
マイナンバーカード。
本人を連れ役所で再申請をし一ヶ月弱で
書き留め郵送され事無きを得たが。

そして良く有り勝ちなお金が無くなった妄想。
自分の枕元に
通帳や印鑑を肌身離さず隠し持っているにも拘らず
無い無い、あんた盗ったでしょコール。
本当に毎回毎回嫌で仕方が無い。
幾ら説明したとしても全く耳に入らず馬耳東風状態。

---しかし---

こういった、とてもでは無いがここには
書き切れない程のbaさん言動の数々は
小さな頃の苦しい記憶を嫌でも思い起こさせる事は
当然否めないが反面
現実逃避もさせてくれている。

当に lesser of two evils...

---続く--










 

パネル部を変えない理由

2017-9-23 2477
一度目に修理依頼をした際、
その場で直しの相談を簡潔乍ら行った。

タッチパネル、特にそれが無ければ
パソコンを動かせない左クリックが
もう全く作動しない状況 だった。
パソコン屋曰く
マウスを接続すれば問題無いです、との事で
タッチパネル交換に関しては、しない事になった。
詰まるところ、一回目の修理で直したのは
心臓部であるハードディスクのみとなった。
それであの金額は結構高額だなぁと
思ったが、それ位要してしまうものか、と。

タッチパネル部分を修理交換しなかった理由は
ピンクソニーを購入し程無く
 その部分に何故かゆきの毛が入り込んだ故だ。
まだ本当に新しい頃にも拘らず。。。

交換すれば当然、ゆきの毛も無くなってしまう。
何処に一本だけ、絶対に入らないであろう
タッチパネルの中にゆきの細い毛が混入したのか
全く不明だが 、それは大事な大事な形見の一つ。。。

今回は、タッチパネルに手を加えるわけではない為
ゆきの毛は無事だと思うが、しかもパソコン屋から
その毛を残したければマウスにする、
という方法を提案されたという経緯なのだが。

この形見の毛がどれ程大切か
解っていると思う。

兎に角何時戻って来るのか。。。
そして
既に支払った上に今回は幾ら請求されるのか。

この超初期版ipadも文字入力に難が有り
労力を要する。余りに下を向いていると
吐気が酷くなってしまう。





 

払わなきゃいけないのかな

修理から戻り
早々、不具合が見付かり
再び修理に逆戻りをしたパソコン。。。 

中々連絡が来ない為、
こちらから電話をすると
メモリー機能がどうのこうのと言う話。
その部分の部品を交換した後
調子を試ているところだそう。

これは初期不良とは違うのだろうか。
返って来たその日に早くも不具合が生じている、
この場合もやはり又、
支払いが発生するのか。
何と無く理不尽な気がしないでもない。

 

帰って来て早々

2017-9-23 2488

2017-9-23 2489

2017-9-23 2490

2017-9-23 2492

今日再び修理へ。 

このipadも超絶初期版、且つ
余り調子が良くない為
入力し難い。。。


 

オレンジになってしまったゴーヤと強いトマト

2017-8-15 004
この様な状態になり、この子は捨てるしかなかった。
種の部分は柔らかいまま。


2017-8-15 005
他も同じ様にオレンジの皮が破れ
中から赤い種が出て来た。


2017-8-15 006
新たに実ったこの子も赤くなりつつ。。。


2017-8-15 007
まだ幼いゴーヤ。

赤くても食べられると教えて頂いたが
自分は食べられず、仕方無く捨て様と切り離す。

試しにゴーヤの葉を食べるふくぞくえみに
切り離したゴーヤの匂いを嗅がせると
何と食べ始めた。恐らく苦く、口から出すだろうと
思ったが、美味しそうに取り合いをし
食べ切っててしまった。
赤いゴーヤは苦くないのか?
ふくちゃんとえみは取り合いをし
争い乍食べていたが、ぞくは遠慮をしてか否か
食べず。

苦いであろうに?生のゴーヤを美味しそうに
食べるとは驚いた。

元々余り野菜を好んで食べなかった
ゆきならどうだったろう。
ゴーヤをあげた事は無かった。
ゆきも生臭い匂いに釣られ
食べられただろうか。。。

そして

2017-8-15 008
トマト。これは随分割れてしまったが
その前にも結構、真っ赤に実った物を
取り合い乍ら食べた。

手前のこの「壷」の様な物は何だろう。
2017-8-15 010
触ると硬い。


2017-8-15 009
トマトの進化系か或いは
トマトに成り切れなかった子か。

ゴーヤもトマトも適切ではないプランターで
良くここまで成長してくれたと思う。

感謝。。。



昨年のパワーに感慨深い思い

2017-9-23 2442
このラベンダー達は今年版。。。


2017-9-23 2443
このプランターのラベンダーは昨年版。
雑草かと思っていたがラベンダーだった。
土の下では芽を暖めていてくれた様だ。


2017-9-23 2444
このデイジーも2016年に植えられた子達。
一部根こそぎ抉られてしまったが
残ったデイジーが今年も咲いてくれた。


2017-9-23 2445
今年の子。

そして

2017-9-23 2446
何故か昨年の日々草が此処にも咲いた。
9月現在、更に花数を増やし成長している。
昨年、日々草は殆どが地植えだったのだが
何処をどう辿り咲いてくれたのか不思議だ。

良く種が飛ぶと言われるが
日々草の種の話は聞いた事が無い。。。


2017-9-23 2447
その根が何故かこのプランターに。

その他
2017年9月現在、昨年
全く駄目だったミックスのケイトウが玄関横に
2本蘇ってくれた。同じ場所に昨年の
日々草が手前側とは別に又二箇所。

ケイトウその物は強いがミックスは
根が小さく弱いと花屋が言っていた為
枯れてしまったのも仕方が無い、と昨年
残念乍ら直ぐに抜いたミックスケイトウ達は
弱々しい乍ら頑張ってくれている。

花達の底力を見ると元気になる。





更に悪い事

8月24日頃からソニーのみならず、エイサーまでも
完璧に動作しなくなってしまった。

遅ればせ乍ら、PC診断修理依頼。
本来は1週間程度で完了するはずだったが
このピンクソニーはかなりダメージが激しく
ハードディスク以外にもディスプレイも
黒い部分が現れ、そちらも交換しなければ
ならなかった。問屋からパソコン屋に
交換用のディスプレイも届いたが
それが初期不良の為、修理期間が更に延びた。

しかも、とにかくバックアップをしていない為
未だ見られないままの、これまでのゆき画像動画も
全て飛んでしまう事になる。
それだけは避けたかった。そういった場合には
修理費用は又、跳ね上がる。。。
そのまま破棄してしまえばエイサー含め2万程度で
診断のみを終え二台は戻って来るが
ゆきの思い出が詰まっている、このピンクソニーは
生かしたい。エイサーは申し訳け無いが
そのまま破棄。。。

ソニー修理代、14万あれば
i5~SSD搭載の新品が購入出来ると思うが
今回は直し又、付き合って貰う事に。

だが、戻って来たこのピンクソニーは
その日から不具合連発で再び、パソコン屋へ戻る
事となった。現在は、相変わらず騙し騙しの使用。
問屋からパソコン屋に新品純正バッテリーが
届き次第、再度修理へ預ける予定。




22日は月命日、久々の激痛

何回目かも判らない程
回数を重ねた母親の月命日、22日。

昨日は久々に全身の痛み。数日前より
頭を下げると肩甲骨から上の首含む後頭部まで
鈍痛と吐き気を感じてはいたが耐えられた。
それが何故か全身に広がって来た。

今日は少しマシの様な気がする。
本当に日々、ジェットコースター状態だなぁ。

早いところPC買わなければ。。。と焦る。


完全にダメになってしまった

大事な大事なSonyピンクPCが
終に全く起動しなくなってしまった。

このエイサーは購入時からSDカードが読み込めない為
Sonyを数ヶ月前より使用しなくなったが
画像だけは、何とかかんとか何日も掛け
保存していた。。。

だが本日それも不可能になってしまった。
デジカメの何十枚かは結局保存出来ていない。
新たなPCを購入した場合、
SDカードの最初から保存になってしまう。

Sonyピンクも時折、カードの最初から
読み込んでしまう事態にもなったが。。。

つまりゆき在りし日の姿がそこにはある。
2015年9月から。。。

画像を見る事は出来ない。

ゆきの姿。。。


一切手を掛けてないのに

2017-8-15 008
このプチトマト達は割れてしまったが
他は割れずに、ふくちゃんやえみにあげられた。
一つ、壺の様な物に変身していたが
これも


2017-8-15 009
トマトなのだろうか?
カマキリの卵の様にも見える。



2017-8-15 010
トマト達は全く手を掛ける事無く
気付くと鈴鳴りに実を付けてくれている。

ゆきが居たなら、見付けたトマトを
食べたろうか。
野菜が苦手だったゆきだが
確かトマトは食べていたかも知れない。

あげたかった。。。


酷い状態にしてしまった

2017-8-15 004
晴れ間が見えなくなりもう何日経つだろう。
だが、うちのゴーヤ達は日照不足になる前から
既に怪しくオレンジ色になって来ていた。


2017-8-15 005
やはり考えられるのは受け皿のプランターが
小さ過ぎた事が第一の様に思う。


2017-8-15 006
この子も同様、割れてしまった。


2017-8-15 007
新たな実を結んでくれたが
どうするか。。。
オレンジ色に変色し割れてしまうのを
手を拱き見ているだけしかないのか?


それでもゴーヤは強かった

R9311355
生まれて初めてのゴーヤ栽培。
これ又、花屋の片隅でカサカサになり
捨てられる一歩手前の様相をしていた。

どの程度大きくなるものか、栽培の方法も
何もかも全く判らず購入した。

どんどん上に蔦?を伸ばしその都度
支柱を追加したが、ゴーヤは太く成長していた。
だが、北断崖故風の酷い我が家は、
風速2m程度で一般の5mにも6mにも変わる
風の勢い。。。折角太い茎が成長したものの
或る朝、
その風で根元からポッキリと折れていたのを
発見した際には、ショックだった。
可哀想で仕方が無かった。。。

しかしゴーヤは強かった。

それから何日にも掛け、再び茎を成長させ
ここまでになってくれた。
抑々、考えてみれば緑のカーテンと言われ
縦横に大きくなって行くにも拘わらず
この小さな植木鉢では、窮屈で無理が有るのだろうな、
と今更気付いたが時既に遅し。。。
この段階で植え替え等は、恐らく命取りに
なってしまう為、出来ない。

この子達を見る度、失敗したと思うが
このまま見守るしか無さそうだ。

そのゴーヤが驚く事に実りを見せてくれた。


R9311356
横になってしまっているのは
細い蔦?に尻尾部分が絡んでいる故。。。
取ろうとしたが、逆に蔦を傷付けそうで止めた。
後日、何とか絡みを外せたが。。。


R9311357
この様に他の蔦と絡ませてしまった。


R9311360
二本目の子。
良く見るとブツブツガ気持ち悪い。


R9311365
三本目の子。

強風、支柱同士も繋げていない様な
過酷な環境にても此処まで頑張ってくれ感謝。
本当に有難うの気持ち。

これから台風が関東に接近した場合どうするか。
この鉢は移動するのもグラグラしてしまい
難しい。。。
何か考えなければ、とは思うも
良い案が浮かばない。


全滅間近になった。。。


一昨日の豪雨の際、花達を隔離しなかった。
しかもタイミング悪く、丁度水やりをしている最中
雨粒が落ちて来たが、あそこまでの
土砂降りになるとは思わずにそのままにしてしまった。
水やりは途中で止めはしたが。。。

その結果、画像に残すのも無残な姿になった花達。
特に言われる様、ペチュニアは薄く華奢な花弁に
雨水が付くと悲惨だ。

先般植えたばかりのニチニチソウは
まだ丈も低く、何とか持ち堪えてくれたものの
切り戻しの時期や上手いやり方が判らない為
伸び放題となっている方のニチニチソウは
殆どの花弁を落とし、他の花や葉にへばり付いている。
殊に、それでなくとも何故かボロボロと落ちる
ハンギングニチニチソウは痛ましい姿になってしまった。

無理しても裏の倉庫に移動すべきだった。。。
30日、雨が止み取り敢えず、出来る限りの水滴を
落とし、復活を祈る。

今朝、31日明け方3時段階
少し復活の兆しを見せてくれているが。。。

申し訳け無い事をした。


成長する木