ゆきの囁き

天性の素質を生かしAAA/AAE活動を経-現,心/膵/肝/肺疾患,腫瘍,変形性脊椎/骨関節症,甲状腺機能低下症と共存する名も無い雑種.従順,気長,賢く,寛容.残り少ない日々,1秒1秒大切に大切に過ごす...が今現在はまるで別犬の様に変身.聴力,視力,嗅覚共に衰え,感覚も鈍り咆哮犬と化す.しかも2013年12月脾臓腫瘍までも発見され,更に腎不全も発症.それでも頑張って居る命の記録と右往左往する頼りなく頭の弱い飼い主の滑稽な姿            旧 http://blog.goo.ne.jp/gyouza100ko_1981

クリぼっちのケーキ、でも

24日、野暮用で出た帰路
宮前平のモーツァルト店前でお姉さんが
必死に売って居たのを無視出来ず。
衝動買い。6か7号。
もっと小さいのにすれば良かった。。。
本当は欲しいケーキが有ったのだが(;´Д`)


R9309088



R9309132
食べ様かと思った矢先、
ゆきが急変してしまい、一気に食欲が失せる。 

後から味見。ちょっとビミョーだった。


イベント大量発生の嫌な時期だ

そろそろそんな時期。

イヌ系ショップから読み切れない程の
クリスマス商戦開始の合図。
まるで示し合わせたかの様。

自分には、ハロウィンより
クリスマスメールの方が多い様な。 

何だか。。。悲しくなる。
昨年も、だが早い時期には勿論
予約は怖くて出来ない。 

クリスマス 悲しい

自分ですらこうなのだ。
仔を亡くされた方の元へ
「今年のクリスマスは♥」等と
メールが届いたら死にたくなるだろうな。。。
自分ならそうだ。

キチドグさんに今、メールで面倒臭い
質問をして居る最中。

一寸間に合いそうも無い。

タンパク質が豊富だが膵臓を重んじ
魚系のパックを注文するか否か。
両者に悪くなく、
美味しい物は何か無いものか。
もう特にクリスマスに固執して、
というのではなく。。。
クリスマス 悲


 

間に合います様に。。。

今、ゆきの或物を依頼して居る。
まだ少し時間を要するとの事。

間に合います様に。。。


中型以上の仔を一人で介護するという事-もう無理ですから。

或人から、イヌ飼えない?と軽い冗談の様な話。

或人とはそう親しくもない知り合いの獣医。
患者様の家で予期せず
この世に生まれ出た雑種の仔等の様だ。

今も恐ろしく一杯一杯。
ぞくですら少しでも安定した後、
粗完璧に近い譲渡先が有れば
考えて居る程だ。

無理ですよ、ムリムリ。
無責任に返答してしまった。

これから
(今現在は)20kgの重さのゆきを
一人でどの様に介護をしていくか
考えて居る最中。試行錯誤真只中。

多くの中型以上、介護経験者の方々が
異口同音に
介護は一人じゃ絶対無理よ。。。
とアドバイスを下さる。自分もそう思う。

でもやる。やり切る。やらなければいけない。
ゆきには自分しか居ない。
こんなに不甲斐無く、いい加減な飼い主を信頼(多分)し
。。。否、信頼するしかなく
此処まで付いて来てくれた。
(付いて来るしかなく)
いつも真っ直ぐな一寸の曇り無き
透明で純粋な瞳をこちらに向けて居た。

実際、中型以上の大きさの仔の
介助、介護は本当に身を削るモノだろうと思う。
それでも世の中には大型犬を
たった一人で介護して居る飼い主も
存在するはずだ。



作られた小型の○犬と○犬の掛け合わせ、
ではなく昔ながらの雑種。
譲渡先を見付ける大変さは良く理解して居る。
。。。が、この状況ではまず無理だ。
そしてこれからも、先を鑑みれば不可能。

本当なら、大学病院等の超大型供血引退犬を
迎えたい。喉から手が出る程。しかし残念乍ら
迎えたい仔と迎えられる仔、
自分の狭過ぎるキャパでは大いに
限られてしまって居る。

勿論、打診をして来た獣医もその辺りの事は
百も千も承知。
せめて安心し任せられるであろう譲渡先探しの
手伝いしか出来ない。難航するだろうが。。。

ショップや繁殖屋で命を購入するのであれば
せめてそういった、もしかすると
人間の手に因り未来をも閉ざされてしまうかも
知れない仔等を迎えられれば
不幸は、更に半減するだろうと思うのだが。


見習わないとな

R9307267
気持ちだけは前向きなゆき。
散歩へ行く気満々。 



R9307268
 除草剤の小径へ。
この日は冷え込みの戻った朝、
最近のゆきにしては厚着。
途中、ペペポポママと会い「頑張ってるぅ~
偉いね~歩いてんの、凄いねぇ~」
と又優しく大きな声を掛けて貰う。
何故かママは戻って一緒に除草剤の小径
を上る。ポポは逃げ惑って居た。



R9307269
 小径を出るとコボと遭遇。
挨拶。この仔は本当に穏やか。



R9307270
 匂い嗅ぎが出来て嬉しい。。。かな?
ゆき。



R9307271
トラックがこちらに入って来るらしく
ゆき、コボとポポも慌てて避ける。
こういった際、カートは直ぐに方向転換が出来ず
迷惑を掛けてしまう。
パパに連れられたフラッシュ?も
急いでトラックを横切る。 



R9307272
 皆と暫く話し、別れた後
お気に入り場へ。



R9307273
 葉桜の下を通る。



R9307274
 参道へ。
木の根っこが気になる。
誰の匂いなのだろう。。。



R9307275
 まだ大きな塊は見えるらしい、ゆき。



R9307276
 だが躓き放題となってしまった。。。
それでも土の上を自分の脚で踏み締め
匂いを確認する事は、可能な内はして欲しい。 
した方が良いと思うが。。。



R9307277
 左側も行くそうだ。
カラーが引っ掛かり、リードが
ゆきの体を傾かせてしまう。
空かさずカートの位置を直すのと同時に
カラーを回す。



R9307278
参道を出、乗る。



R9307279
神社下公園の桜も
禿げて来た。



R9307280
公園、行きたいのか?身を少し乗り出し
公園方向を見て居る様だ。



R9307281
集会場通りにぶつかる手前で降り



R9307282
勾配を上る。



R9307283
そして匂い確認をし乍ら
ゆっくりと進む。



R9307284
猫さんの姿は全く見えないが
猫さん集会場へ入り
ラウンド作業も忘れない。



R9307285
倒れそうになり
急いで乗って貰う。



R9307286
このまま汚家に。
少し歩き過ぎたのか、不穏な表情。

道行く人々に声を掛けられる事が
多くなった今日此の頃。

ゆきは本当に頑張ってくれて居る。
夜中~明け方、乾性咳嗽が
止まらず眠る事も侭成らない事等
微塵も感じさせず、当たり前に散歩へ行く。
後肢が中々立たず、立てばフラ付き
歩けば縺れる。
それでも頑張ってくれる。
皆が励ましてくれる様、ゆきは満身創痍の中
頑張る。。。
身体の自由が日々、失われる中
常に前向き。。。走り回り、
仲間達と燥ぎ、戯れたいだろうに。

実際、本人は頑張って居るつもりも
然程必死なつもりも無いのかも知れない。
唯々、
与えられた「命運」に対し躍起になる事も無く
足掻かず、素直に従うこの姿勢は
日々、ゆきとの別れに恐怖し他のモノが
見えなくなって居る自分は、
本当に見習う事が多いと感じる。

だが、本当に怖い。。。
ゆきが遠い所へ旅立ってしまう事が。


出だしから「チッ」な気分

R9306021
私道に当たり前の様
堂々と大きな顔で駐車するワゴン。
 
カートが通れないじゃないかっ!
しかし湘南ナンバー、これは迷惑造園屋なのか、
東隣地のKBHB(家庭内別居ヒステリーバーさん) か
斜め前のオカシナ家族の車なのだか。。。
朝から実に憂鬱だ。

。。。ったく人の私道で皆好き放題。
KBHB息子は先日、この私道にて車を洗って居た。
そしてその泡だらけの多量の水は、汚庭に全て流れ込んで
来ましたとさ。完

ゆき様のお通りなんだよっ!!!
と小心者の飼い主は心の中だけで文句を言う。



R9306022
汚家私道を上り右折。

外気温5℃にも拘らず
かなり薄着が心配された。
取り敢えずカイロは貼ってあるも
身体が冷えそうだ。



R9306023
キナコ勾配を乗り下る。
此処も結構な勾配だが
画像では余り目立たない。



R9306024
大通りも結構な距離間乗り、途中降りて貰うも
気が進まないゆき。
再び乗りたいのか。。。



R9306025
尻尾は下がったまま、集会場通りへ。



R9306026
頑張って上ってくれる。



R9306027
除草剤の小径へ行きたいらしいが
カートが上手く進められず
リードにテンションが掛かってしまい
こちらを見るゆき。
行っちゃいけない?と確認する意味が
ある様だ。

ごめん、ごめん、良いよ良いよ。
と大袈裟な身振りで示す。
以前はそういった際には
嬉しそうに踵を返せた。。。
本人は同じ様にして居るつもりだが
身体が言う事を利いて居ない。
下手に腰を捻ってしまうと又腰椎への
負担が増す。気を付けなければいけない。



R9306028
珍しく。。。恐らく初めてだろうか
除草剤の小径途中で乗りたいと訴えるゆき。



R9306029
小径を出た後、左へ折れれば
てっちゃん家や公園も在り、高い確率で
ワイフォ達にも会えるのだが
近道の畑断崖方向を選ぶ。
結構、頑固に。早く帰りたいのだろうか。。。



R9306030
何か気になる香りを見付けた様子。



R9306031
真剣に匂い探しをする。



R9306032
断崖終了地点。此処からが急勾配。



R9306033
速攻乗って貰い、
一度も降りずに



R9306034
汚家着。

この日も中々カートから降りられない。。。


全頭映らず

R9304569
ゆきトイレも兼ね、皆で汚庭へ出る。
陽射しが激しく余り動かないゆきは
直ぐに熱くなる為、キャップを被る。



R9304570
 トイレの場所を探す。
最近は土まで到達せずにコンクリの上で 
用足しをする事が多くなる。



R9304571
ぞくも手前に居るが
3頭揃い踏みは写せず。



R9304572
散々走ったふくぎんと
サッサと横になりたいゆきが汚部屋へ。
ぞくは足元をウロウロ。

最早、採尿は意味無し

R9304310
大学病院の朝、つい先日までは病院の日
朝散歩は行かなかった。
朝一の採尿を検査する為、大学到着直後に
採る事に。散々試行錯誤の末、その様になったが
それ以前は、出発前ギリギリで採尿をし
それを検査へ。しかしそれでは時間が経ち過ぎてしまう、
では途中で降車し採尿はどうだろうか、等と。。。

ゆきは当たり前の様に
大学病院の日も朝散歩へ。
ポーチには咥えて出たガムが置いてある。



R9304311
雨が上がったが水溜りが
出来る汚庭。

採尿時間を気にし、少なくとも検査30分前
が良い、或いは殆ど毎日
個人購入した尿比重測定機器を
使用する意味は、最早無くなる。
あれだけUSGには気を遣って居たのだが。
血検にて、尿素窒素やクレアチニンに
変化が見られた時点で既に
腎機能の破壊は相当進んで居る。
尿の段階で早目に察知出来れば
早期発見になり、少なくとも苦しむ前に何等
手立てが有るのでは、と考えたが
それは甘かった様だ。

2月頃から比重が落ち始めた。その段階で
機器販売会社や中間業者へ
機器の故障かと問い合わせ
代替機と二台にて尿検をする事に。
クリニックへもその旨をしつこく訴える。

麻布大、当時の研修医に
持参したUSG機器2台と大学の尿検を
同時に。それ等3機器でUSGを測って貰った。
機器に不具合が有るかも知れない故、と
その頃はまだ、そう信じ一縷の望みを持って居た。

結果は、結局機器の不具合も無く
ゆきの腎機能の低下がハッキリと
しただけだったのだが。
早い段階で解ったがそれも意味は皆無、
尿検の段階の異常値で
食い止める事は不可能と知る。

それがイヌなのか。。。
せめて速攻腎臓食にすべく奔走するも
膵臓の問題にて脂肪含有量高値の腎食は
諦め、現在腎臓に留意した食餌は
採れて居ない。
尤も腎臓より更に恐ろしい事が発見される
事になるのだが。。。



R9304312
後肢が揃う。



R9304313
汚家着。
トイレのみの散歩。

40分後、大学へ出発。

予定より長い留守番

になってしまった。
結局8時半過ぎから16時頃まで。。。

最近では、オムツをして居ないゆきは腿までビッショリ、
ふくぎん&ぞくのトイレシートも
グチャグチャ。

更にぞくはスメハラがパワーアップして居た。

汚部屋は益々、悲惨な状態。

門も開け放したまま、鍵を鍵穴に差し込む数秒ですら
もどかしく玄関へ雪崩駆け込み
ビクビクし乍ら居間ドアを押し、皆の生を確認する。
3頭が其々目を輝かす姿を目の当たりにし
心から安堵。

生きて居て良かった。。。

そしてエアコントラブルも無く
消えて居らずホッとする。万が一停電等に
なればそれは即、ゆきの死に直結する。。。

トイレシートがグチャグチャであろうが
とにかく皆が待って居てくれた事に
本当に胸を撫で下ろす。

ゆきもさぞ気持ち悪かったろう、ふくぎん、ぞくも
トイレシート交換もされず気の毒な時を過ごさせて
しまったが、取り敢えず
無事で良かった。

又明日も、長時間留守番となるが
本当に不安だ。。。



 

少し

R9303850
元気そうに見える出発時。。。



R9303851
早くも尻尾に力が無くなる。



R9303852
行く手に誰かを見付け
再び元気を取り戻す。
相手は



R9303853
ハチ
数分間再会の挨拶を交わす。
相変わらずスリムなハチ。



R9303854
ゴミ置き場通りを戻る。



R9303855
汚家着。

最近、暫くてっちゃんに会えて居ない。
早めに会いたいが。。。


エアコン

寒い。。。
エアコン消したい。
消せない(>_<)




 

調子が少しマシ

R9303571
に;この時は;見えた故ふくぎんも一緒に。



R9303572
他の仲間に興味深々のふくぎん。
汚家私道を上り直ぐの所で



R9303573
可愛いルビちゃんに会った為
ゆきは早く進行方向へ進みたい様子。 
数分間の話中、一発吠える。



R9303574
いつも世話になるトリマーさんの
妹の所のブラックポメさんと会う。



R9303575
優しい黒ポメさんにチョッカイを出す
ふくぎん。



R9303576
もうゼロゼロのゆき。
キナコとの挨拶 終了。



R9303577
立ち往生気味。。。
気温は20℃を切って居る。



R9303578
一度、キナコ達と別れたが
再び私道上で再会。



R9303579
トリマーさんお預かりの可愛く性格も◎の
名前を忘れた黒ポメさん男の仔。
本当に真っ黒くろすけ。
可愛い 過ぎる。。。



R9303580
汚家着。
最近では少し歩くのみで
四肢、脊椎が悲鳴をあげる。。。
だがイヌは文句も言えない。
訴えられない。

酷くなれば副作用を考慮したと
しても鎮痛剤使用する事に
なるのだろう。

12日

R9303566
然程暑くもない午後、再度超短散歩へ。
朝一散歩の画像が見付からない。。。 



R9303567
何処を歩いて居るか忘れたが
余りの酷い尿失禁の為
少し外を歩こうという事になったのか。



R9303568
散歩へ行ったところで
失禁が軽減されるワケではない
のだが、ゆきの歩ける内にと。



R9303569
 テンションの低さが尻尾に現れる。
別にゆき本人が
外を歩きたいと言ったのではない。
飼い主の独断。。。 



R9303570
唯、パンティングを激しくしただけ
かも判らない。。。

行きたくないが頑張る勾配上り下り

R9303299
キツネ目、具合の優れないゆき。。。
雨が落ち着き、少し急いで散歩へ
行こうと誘う。


R9303300
キナコ勾配にて、ナナちゃん



R9303301
 ティー君と会う。ティー君は吠え捲って居た。



R9303302
大通り沿いへ。
パンティングが殊の外激しい。



R9303303
この日は直進せずUターン。



R9303304
キナコ勾配を上る。



R9303305
かなりの急な勾配も頑張る。
後肢の為だが果たして良いのか否か。



R9303306
汚家着。
又、ボウボウになって来た
お尻周り。
尻尾も大分伸びてしまったが
それでも根元から20cmはカット
して貰って居る。
何もせず伸ばして居れば
フサフサで立派過ぎる綺麗な尻尾
なのだが、外見に拘って居る場合では
ない。。。

あぁ~もぅアルツ君こんにちゎだ

画像やら記載して置かなければいけない事が
山程溜まってしまった。

他にも野暮用が山となり雪崩を起こして居る。

脳の 機能が停止したのか否か
馬鹿な事ばかりのこの数日間。

昨日購入したゆきフードを忘れて来てしまう。
しかも何処に忘れたかも忘れ
受診後の画像から、あ、まだこの時点では
画像に映って居るな等と確認してみたり。。。

今朝散歩では財布を持って出たにも
拘らず、セブンレジにて
中に紙幣が入って居ない事に気付く。

おかしいな、昨日クリニックでのお釣りを
入れて置いたはずだ、と一瞬で乏しい記憶を
呼び起こしたが未だ何故空っぽなのか解らず。
昨日の領収書を見たところで
クリニック受付にて幾らを出したか記憶に無い為、 
余り意味が無く。。。

昨日からバタバタし通しだ。

こういう時には又、何かのミスをしてしまう事が多い。


 

ニ吠え

DSCN0812
雨が完璧に上がるまで待機。
雨水タップリの叢に触れ、濡れてしまうと
身体が冷える為、簡易レインコートを着るか否か
迷うも、結局羽織らず。

腹巻はタオル地の上に固めの使い勝手の良くない
幅の広い腹巻を重ねる。
腹部だけは濡れない様保護。

腹部と言うより厳密には
4~5番目の乳腺腫瘍が擦れたり濡れない様に
するのだが、後肢大腿付近に在る故、
余りきちんと保護は出来ないのだが。。。

早く、とニ吠え。



DSCN0813
昨日は大雨の為、汚庭へ出る事も嫌がり
何とか二回のみトイレが出来る。
排便は我慢してしまった。
早く排便をしたいのか、随分急いで居る。



DSCN0814
早くも集会場通りで済ませ、急いで帰路に。
これ以上ウロウロして居ると
二回、三回と排便を催し軟便になりそうだ。



DSCN0816
10分のみの超々短散歩。

体調が優れないのだろうな、
自分から帰る方向へ。もう少し歩きたいとは
言わず。


フラッシュが点かない様ハイキーにて

2014-4-15 007
撮ると、こんなにもブレボケて居る。
取り敢えず、何時に出発したか記録。
少し慌て乍ら撮影。
ISO感度の調整も出来るが
その箇所が見付からず。。。



2014-4-15 008
デジカメを弄り回し滅茶苦茶。
何故かこれはボケて居ない。。。



2014-4-15 009
ゴミ置き場通りを行く。



2014-4-15 010
集会場手前のパーキングの匂い拾い中。



2014-4-15 011
猫さん集会場へは行きたくないらしい。



2014-4-15 012
再びゴミ置き場通りを家路に。



2014-4-15 013
汚家着。

10分程の散歩。それでもパンティング。。。
気温、湿度共に問題無いのだが。




天使系無理

---以前から---
過剰反応だとは思うが。。。
天使系は一切無理となった。

否、それでもオブジェや置物に関しては
特に何とも無いと思うのだが
ゆきやふくぎんに関する物---

凄く可愛くリーズナブルな
ふくぎん用ハーネスを見付けた。
ピンク色でしかもジャストフィット。
まともなハーネスを持って居ない
ふくぎん用に探して居り
見付けた。
ハーネスshopping

だが、天使の羽の形をして居る。
購入出来なかった。

そして
ゆきとふくぎんのTシャツも見付ける。
珍しく大型犬用も有り(たと思う)
お揃いに出来る、と喜んだが;
唯の飼い主の自己満足の
極地に過ぎない;
これも無理だった。

Tシャツshopping

コートでは暑過ぎる、今の季節に丁度
良さそうに見えたのだが。

天使の羽を付け
そのまま何処かへ
飛んで行ってしまいそうで
恐怖を覚える。



跛行again

BlogPaint
この日も吠えた記憶。。。



BlogPaint
このキナコ勾配の側溝蓋の隙間には
必ずと言って良い程、一瞬でも脚が嵌る。

声では届かない為、落ちる手前にて
強くとリードを引くと
急激に首へテンションが掛ってしまい
苦しそうにする。
上手くいけばだが、避けて貰う様
お尻毎、ズラし乍ら歩くが、
そのタイミングも難しい。



BlogPaint
。。。と思って居るのか否かは
定かでは無い。
跛行が見られる。。。
厳密には特定の四肢と言うより
ヨタヨタ左右に身体を振り乍ら歩く様相。
パーキンソンの様、前傾になり摺足気味。

後肢や下半身にばかり目が行って居るが
ヒトと相違した容の前傾姿勢。。。前肢の筋力も
著しく低下し体重自体を支え切る事が
きつい様に見える。

それに因り
身体を左右に振り乍ら歩行となったか。



BlogPaint
Uターンし家路に就く。
左後肢はナックリング後の瞬間。。。
ではなさそうだ。



BlogPaint
勾配で一時停止。



BlogPaint
万が一、此処で完全立ち往生状態に
なったなら
抱っこをするか。。。と考える。カートを
持って来る距離でもない。

上りは後肢に良いと思うが
前肢を鍛えるには、
逆に下りの階段は良いのかも知れない。

ゆきの場合には極力
前肢に負荷を掛けない様、留意する必要が
あるのだろうが。

飼い主は腰が痛い。



BlogPaint
無事、帰還。


22日辺りから、心臓サポートに戻す予定
だったが間違えた。

23日朝、心臓に戻し
夜は消化器にするか。。。
丸一日心臓にするには勇気が要る。

成長する木