一昨日の豪雨の際、花達を隔離しなかった。
しかもタイミング悪く、丁度水やりをしている最中
雨粒が落ちて来たが、あそこまでの
土砂降りになるとは思わずにそのままにしてしまった。
水やりは途中で止めはしたが。。。

その結果、画像に残すのも無残な姿になった花達。
特に言われる様、ペチュニアは薄く華奢な花弁に
雨水が付くと悲惨だ。

先般植えたばかりのニチニチソウは
まだ丈も低く、何とか持ち堪えてくれたものの
切り戻しの時期や上手いやり方が判らない為
伸び放題となっている方のニチニチソウは
殆どの花弁を落とし、他の花や葉にへばり付いている。
殊に、それでなくとも何故かボロボロと落ちる
ハンギングニチニチソウは痛ましい姿になってしまった。

無理しても裏の倉庫に移動すべきだった。。。
30日、雨が止み取り敢えず、出来る限りの水滴を
落とし、復活を祈る。

今朝、31日明け方3時段階
少し復活の兆しを見せてくれているが。。。

申し訳け無い事をした。