ゆきを旅立たせてしまった後、
映画を観まくった。

好みのジャンルがもう無くなってしまった
場合には、TSUTAYA等でレンタル、
WOWOWやhuluで観まくる。
ゆき在りし日にも、もしかしたら既に
観たかも知れないものもあった。

原作と比較しない事を念頭に置き
伊坂幸太郎、道尾秀介、湊かなえ、池井戸潤は
勿論面白かったがそれ以外映像であっても
今でも面白いと印象に残っているのは
ダブルフェイス。。。これはインファナルアフェア
よりリアルだと感じた。鍵泥棒のメソッドも
面白かった。その他には
悪貨、フジコ、代償等だった。
実話を基にしたという天使のナイフもまぁ。

遠出をしたくとも出来ない状況での
現実逃避は読書、DVD鑑賞になってしまう。
最近では目の前に飛ぶ「蚊」や「カエルの卵」が
異常に増え、本が読み辛くなって来た為
専ら映像に頼り、その世界に没頭する。

没頭する、と言っても実際には中々
物語の中には溶け込めず、何を見聞しても
辛そうなゆきと繋がり何度も再生し
見直したり等。。。映画の場合には戻れない為
後からレビューを読み漁る。又
地上波或いはDVDが出たら再度観られれば幸い
だと思う。

ゆきが居てくれた時から
香川照之、柳楽優弥の演技が好きだった。
少し舞台染みても見えるが香川照之がキャストに
挙げられていると観てしまう。
何と無く最近、柳楽優弥が「事件は現場で起きている」
と言いそうで微妙だが。

WOWOWの「この街の命に」は流石に
未だ観られない。。。