---死しても尚---

以前、長期間
生死を彷徨う治療を要した某疾患は扨置き
今回に限っては驚いた;実際には本来まだ
要観察中だが数クール残し、治療を中断した前歴。。。

今回の胆嚢、まさかゆきと同じ「胆泥」とは。
それも結構重症。肝機能数値は悪くない様だが
不思議だ。
更に腎臓、これもゆきが時折見舞われた
ストルバイト。取り敢えず自分は人間だが、これは
人間でも罹るらしい。厳密にはリン酸マグネシウム~では
なくシュウ酸カルシウムなのかも知れないが
詳しい尿検査をしていない為不明。。。
ストルバイトかも知れない。

夜間急ではそこまでの詳細は調べないらしい。
吐血、背中腰の激痛、眩暈、不整脈等の症状に因り
何度も救急搬送される度
入院は出来ないと頑なに拒否していたが今回は
それなら必ず受診しなさい、と命令口調にて
半ば叱られてしまった。

。。。しかし。。。
ゆきと同じ。。。
この様なけしてめでたくない事であっても
ゆきと同じだと思うと、繋がりを嬉しく思う。
此処まで来ると或意味変態に近いかも知れないが
死して尚、ゆきと繋がっている。。。

ゆき。。。