散歩に出て、私道を上がった辺りで
初めて腰が抜けた様になった。
それまでは自力で起き上がれたが
その日は無理だった。

それでも気丈にも散歩は続けたゆき。
その日の夜、21時頃だったろうか
水を飲みに行った際、首がグニャリとなった。
だが、更にそれでも立ち直った。

この時に王禅寺ペットクリニックへ
連絡もしたが往診もしているクリニックにも
拘らず、その状態で連れて来てもねぇ~と
佐々木女医に言われた。

ゆき。。。
この時に抗生剤かステロイドを用いていれば
苦しまずに済んだ。。。

ごめんよ、
ごめんなさい。

賢過ぎたおまえはこれを切っ掛けに
徐々に生を諦め始めたのだろうか。

ごめんなさい。。。

許さないで怒って欲しい。。。

ゆき、ごめんね。。。

何億回言っても、もう刻は戻らない。
亡くなった事ではなく、殺してしまった事
苦しみ絶望の中、死へ追いやってしまった事、
お母ちゃんは一生忘れない。
いつまで無駄に生きるか判らないけど
死ぬまで懺悔をし続ける。。。
それだけしか出来ない。。。もう。