R9310876
左の三色ビオラもイエローのパンジーも
右上の二色ビオラも、もっと花を付けてくれていた。。。

だが


R9310877
えみが千切って食べてしまう。
もう一ヶ月も前から。


R9310878
これはほんの少し。。。口から零した花弁。
いけない!と言い捕まえ様とするも
花弁を咥えたまま逃げてしまう。
こちらの意に似わない事をした場合
無視が一番適切なのだとは思うも、そのまま
放って置くと丸坊主になる程、花弁を食い尽くしてしまう。
その行動中、直ぐに抱っこをしケージに入れる等
毎回行っていれば、いけない事だと
理解も出来そうだが、まず大問題として
捕まらない。。。それ故、追い掛ける。
。。。追い掛けられると遊んでいると勘違いし
更にテンションが上がり逃げ回る。。。という
最悪なパターン。


R9310879
ここの子達はもう殆ど食べられてしまった。

そして更に悪い事は
それまでその様な事を全くしなかった
ふくぎんやぞくまでも右へ倣えとばかりに
花弁を食べる様になった事だ。

犬という生き物は悪い事を;飽くまで人間側から
見て;学ぶパワーは凄い様に思う。

ゆきが模範犬だった為か、ふくちゃんは
本当にお利口さんになった。。。矢先
吠え捲るぞくに倣い、ふくちゃんまで
これまで吠えなかった相手へも吠え倒す様になった。

えみは余り吠えない。
これは一緒に生活する上で助かる事だが
ここ最近、ふくちゃん達に感化され始めた。

困った事盛り沢山だ。