知らぬ間に麻布大学を辞めさせられた獣医の
行方を知り、愕然とした。

その獣医は腫瘍認定医Ⅰを持っている事にも
驚きなのだが。。。

まぁ、子宮蓄膿症だと言い、乳腺と子宮
そして何故なのだか喉まで切り刻み
死亡させ、逃げてしまった某獣医ですら
腫瘍認定医Ⅰを持っているというのだから
この資格自体どうか、とも思うが。。。
この件は確か訴訟になったのだと思う。
原告が勝訴しているはず。。。

「その獣医」は人当たりも良く、今ですらけして
憎らしいとは思えない。
唯、著しい経験&スキル不足にも拘わらず
己の興味本位から何の裏付けも持たないまま
教授や先輩指導医と
相談も無くゆきの腫瘍を弄り倒し暴走した結果
一患者を苦しめてしまった危ない獣医、というだけだ。

その獣医の名前は

以下









 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。