何という事は無かった。。。
と言うか、こちらにしては結構重要な事だが。

結局散歩中、2本のリードで雁字搦めに
なってしまうのは、その絡まった
リードを直す為、こちらが屈み
えみの体に触れ様とするからだった。。。
絡み合ったリードは更に滅茶苦茶に絡み
どうする事も出来なくなる。

片方のリードがそれを齧ろうとするえみの
口から首に掛かり、更にもう一本は前肢脇を
巻き込み反対側の後肢にまで巻き付く。
解こうとする最中も大暴れをする為
飛んでも無い事態になるが
道路上でリードを解く際、一瞬たりともそのリードから手を
離しては何処へ脱走してしまうか
判らない為、細心の注意を払わなければいけない。
自ずとこちらの体もえみへ密着しようとする。。。
えみは逃げ様と暴れる。。。

---悪循環---

取り敢えずの飼い主としても情けない限りだが
えみは、家でもまず捕まらない。
良く言えば外が大好きなのだと思うが
捕まり汚家の中へ戻される事が嫌で仕方が無い。

捕まるイコール家の中。。。
それがえみの頭の中では「捕まる=嫌な事」と
刷り込まれてしまった。

獣医へ行きがてらの散歩で、それが良く理解出来た。。。

R9310859
大変な状況ではカメラを向けるどころではない。。。
これはやっとの思いでリードを解いた後、
数秒間、絡んでいないリード。


R9310860
この後、再び地獄の様にリードとの格闘勃発。

今度、又ふくぎんと一緒に散歩へ行ってみようか。。。
と思うがどうなのだろうか。
まずは多少なりとも呼び戻しが出来なければ
拙いが、今朝も朝から汚庭で大騒ぎだった。
オヤツは欲しいが、本当に放浪犬を手懐ける様に
似ている気がした。
近寄るが直ぐに遠くへ行ってしまう。
何百回も教えた「座れ」は出来るがかなり離れて座る。
しかも直ぐに逃げる準備をしている。。。

えみは飼い犬だ。。。情けない事極まり無い。

呼び戻しという当たり前の事に
此処まで奮闘するとは想像もしてはいなかった。
ゆきは別格としても
気付くとぞくもきちんと呼べば来る様になっていた。
ふくちゃんも勿論。。。