12月30日。。。

造園屋、非常識南隣地、オカシナ家族、
電気系廃棄物処理会社の面々が年末になり
一部私道にて時間差ではあるも
一斉に洗車をし出す恐怖の年末。

多量の汚水や、洗剤の泡で 溢れ出てしまう事は
火を見るより明らか。
しかも相当な悪臭を放つ。。。
そういった輩が洗車をする前に早いところ
側溝清掃に取り掛からなくては一大事。

吐気が我慢出来る程度になり、その時点で
多少の眩暈は感じていたが掃除に着手。

R9310617
いつもの事だがグレーチングはかなり重い。
シャベルで少しばかり土砂を寄せる。


R9310618
非常識南隣地の落ち葉をまず
側溝から掃き出したが土砂がまだ溢れている。


R9310619
これも非常識南隣地の
モルタルの剥がれた残骸。。。


R9310620
大分落ち着いた。


R9310621
このモルタルが剥がれる。


R9310622
気付いた際には頻繁に掃いてはいるが
追い付かない。


R9310623
これ等が落ち葉と相まり、側溝を詰めてしまう。



もうそろそろ終了というところで
有り得ない事に、迷惑造園屋のアルバイトが
洗車を始めた。折角乾かした後
土砂を手で掬おうと思っていた矢先。。。
R9310624
又、土砂が流れ込んでしまった。

必死で掃除しているところだというのに
見て判らないのだろうか、と思ってしまう。 


R9310625
又、最初から清掃作業をしかかった時
恐ろしい眩暈に襲われた。

取り敢えず乾いた土砂のみ左側へ寄せたが
もうそれ以上は出来なかった。
この後、フワフワ感が激しく倒れそうになり
暫く蹲った。這い擦る様に家の中へ入り何時間も
テーブルに突っ伏した。

31日も眩暈が激しく、背中と腰の疼痛で
この仔等の食事の準備に手間取ってしまった。
それでもまだまだ耐えられると思ったのも束の間
31日夜半辺りから厳しくなって来た。

気付くと2017年を迎えていた。
相変わらず、テーブルに伏せウツラウツラしていた様だが
時間の経過が全く判らなかった。

昨日より、背中腰の痛みは軽減した。
眩暈はまだ60%方残っている。
側溝清掃もまだ半分も終えていない。

酷い幕開けになってしまったが
別にそれでも良い。。。