下痢、泥状、咳嗽の状況を
伝える。

腎機能は悪化の一途を辿るも
慢性腎不全に特化したフードは
ゆきの膵臓へのダメージに拍車を掛ける。
これは前から判っては居た事だが
改めて実感。

下部消化管に刺激を与えない様
注意深く観察し乍ら、食べられる物を与える。。。
投薬の場合のチーズは、
もうしょうがないです。良いんです、
食べられれば何でもあげて下さい。

今怖いのは、其々の臓器もそうだが
まずは下痢をし体力を消耗してしまう事と
食べられなくなる事。

それは解って居るのだが。。。

去痰剤は、怖くてまだ服用して居ない事、
そしてそろそろ本格的にネブライザーを
考えなければいけない事も伝える。

以前は一度院内にて試してからでなければ
処方出来ないと言われて居るも
果たして現実的にどうなるのか。
エコーすらもゆきのストレスの為
撮れないと言われて居る状況なのだ。。。