2016-1-27 008
沢山届きました。。。
ビリーからのバトンです。
これだけ沢山、という事は
ビリーは殆ど残して旅立ってしまった、
という事です。 


2016-1-27 009
ゆきを呼び起こし、こちらまで促し
聞こえないゆきに話乍ら、見せました。

ほら、ビリーのだよ、匂い確認してごらん。


2016-1-27 010
 とても重いです。色々な意味で。


2016-1-27 011
上の箱だけ開けさせて頂きました。
未開封の腎サポが入って居ました。

更に


2016-1-27 013
ドイツ製の腎臓に特化した
液状のサプリメント。
これはビリーが旅立ってしまった後に
届いた分だそうです。


2016-1-27 014
k/d袋も未開封のままでした。


2016-1-27 015
ネフガードスティックも
一箱を、ほんの数本使用したのみ。。。


2016-1-27 016
デジカメの撮影画面が曇ってしまい
良く見えなくなりました。
この後、ゆきを無理矢理
こちらへ引き寄せ抱き締め、泣きました。
ゆきの服の首辺りが濡れました。

この日は
これ以上
開ける事は出来ませんでした。


。。。昨日、箱から少し出しましたが
ショックでした。全て未開封の腎臓に対する
フードばかりでした。中には
高蛋白、高脂肪、BCAAが強化された
a/d缶も入って居ました。
少しでも栄養補給し様と。。。

それでも飼い主さん方は
何とか投薬する為、らくらく服薬ゼリーを
使われました。ゼリーは「結構役立った」と
仰ってみえました。
---ビリーはこれで薬飲めた、
ほんの少しだけど飲めた---

まさか、ここまでの早い旅立ちを
誰も想像して居ませんでした。
であるからこそ、彼の為にあらゆる腎臓関係の
フードやサプリ等をストックして
みえたのだと思います。

17日午後、飼い主さんから
電話を頂いた、その声が耳に残ります。
。。。たった一言から想像を絶する痛みが
伝わって来ました。

ビリーの旅立ちは、本当に
想像をして居ない早い。。。
早過ぎるものでした。

彼の病状がそこまで重篤とは
全く想像もして居ませんでした。
腎臓以外何処か他に苦しい箇所は
無いと思って居ました。
西洋医学は勿論、東洋医学の施術も
受け、飼い主さん方はそれ以外にも
勉強され様々な事も実行されて
みえました。いつも勉強させて頂いて居ました。

次の誕生日を迎えられると勝手に
考えて居ました。

ビリー、あなたのバトンは確かに
受け取りました。。。
でも、ゆきこれをきちんと使えるか
判らないんだ。。。
あなたの飼い主さんがね、
「ビリーからだからって言って
頑張ってゆきちゃんに全部無理に
使い切ろうとしないで下さいね」って。。。
悲しみのどん底に居るのに
又ゆきの心配をしてくれてるんだよ。

こんなに優しい飼い主姉妹の
そのご両親から託された仔だったんだ。

優しさに包まれた生活だったんでしょう?
満たされてて、幸せだった。。。
そうだよね。。。
大切に大切にされてたんだね。

ビリー。。。有難う。だけど
悲しくて胃が捻れそうだよ。

でもね、一つだけ救われた思いが有るよ。
ヤンチャで元気な頃もあったって
メールで知った事なんだ。
本当に、これは当たり前の話なんだけどね。
大人しくて有無を言わず穏やか過ぎる
あなたを想像してたから
せめて、そういった時期もあったって事を知って
少しホッとした。。。

私は傍に居ないから寂しい思いよりも、
唯々悲しい 気持ちで一杯だよ。

エゴの塊のニンゲンを許して下さい。

もし生まれ変りが有るなら
早く戻って来て下さい。出来るなら
ニンゲンに。。。





PhotoFunia-1454139077