天気も良く、気温も暖かくなって来た。

R9309206
尻尾が引き摺りそうに垂れ下がって居る。。。


R9309207
日陰は冷えるが。。。


R9309208
検査結果が出るまで更に可愛くなった
ドッグランへ。
雪は残るモノの、陽向は暖かくなって来た。


R9309209
ドッグラン前に、可愛いオブジェの様な
注意書き看板が立てられて居る。


R9309210
テリア飼い主さんは嬉しいだろうな。


検査結果が出るまで可愛くなった
ドッグランへ。
R9309211
隅に溜まった雪の上には
他の仲間たちの足跡が残って居るも
ゆきは興味を示さず、楽しく無さそうだ。


R9309212
 寧ろ、早く休みたい表情。
疲れて居るゆき。


R9309213
 カイロを貼って居る為、上に何か
被せて居ると熱が高くなる。
ちゃんちゃんこを捲る。


R9309214
 フラフラになってしまった為、乗る。
まだ呼ばれず。 顔が曇る。。。


R9309215
 今、お世話になって居るペットタクシーさん

この後も20分程度、ゆきは裸になり
少し歩いてみるが飼い主目には
疲れも有り、後が怖い様子だった。 


検査結果。。。

尿は、
USGは又、低くなって居る。かなり薄い。
腎不全の利尿期に見られる数値。
これはもう測るのも悲しくなるが
今回は
蛋白が随分出て居る方が心配。
その件に関し、指示は無いも
新たな腎疾患を示唆して居る事は否めない。

血液での腎数値は、
BUN、クレアチニンもリンも高い。
食餌療法が出来ない為
これはどうし様も無い。。。
そして、驚く数値としては肝機能。。。
元々どんどん高くなっては来て居るも
又跳ね上がった。 特にALPの高値。

肝実質云々とは言い切れない
この数値をこのままにして良いモノか。
利胆剤をもう何年も服用して居るも
エコーを撮って居ない為、現在の
胆泥の状態は不明。
フォロー、見直しの無いまま何年もずっと 
同様の薬剤投与。
まるで「20年間、血圧の薬を飲んでるのよ」 
と言う老人の様。

肝臓の、この状態。。。
何か良いかも知れない薬有りませんか、
と質問し、今回からグリチルリチン酸20mg
服用する事に。

想定内の悪化以上の結果に
正直ショックだ。
ALPに関しては何とも言えないが
可笑しい程、食餌内容がこの結果に反映
されて居る部分も多い。
逆に言えば、食餌内容如何に因り
改善出来る部分も有り得るかも
解らない、という事だが
食欲廃絶気味のゆきに取り
今は、食べられる(殆どオヤツ系)方が
まだマシなのではないだろうか、と思う。

難しい。。。もうずっと悩んでは居るも
どうすれば良いのだろう。
このままでは、終末期の苦しみは
確実。だが、食餌内容に気を遣い
食べられる、身体に劣悪な物を
排除したところで、そのターミナルの辛さは
然程変わらないのでは無かろうか?

---であれば---

特にゆきの場合には、肺野、気管支の
石灰化、咳嗽も激しい。
食餌とは直での関係は無い。

---であれば---

全て飼い主の胸三寸。
苦しませる事を覚悟で口に出来る物を
口にして貰う事しか出来ない。。。


R9309216
帰りも西松屋辺りに
停めて貰い、セブンでゆきパンを購入し


R9309217
カートで帰宅。


R9309218
ゆきの新たな処方。