これに決めた理由は、閉塞感が無く、
プラスチックホイールではあるも
前後共二重車輪になって居る為
今回の様、
後輪一重?の大きなプラスチックホイールが 
割れてしまう危険性が軽減されそうな事。

問題は、横幅は後から確認し気付いたが
これまでと粗同じ長さの様。
しかし縦は結構長目故、
狭苦しい汚玄関にはギリギリ。

そして最大の難点は、そうそう頻繁には
コンパクトに 折り畳めない事。
PETIOの場合には、数度の救急搬送の際
一般タクシーのトランクに仕舞えた。。。
これには本当に助かった。

急な場合には100%ペットタクシーは
掴まらない。足が無い為
一般タクシーになる事は、一番の悩みどころ。
これから一般タクシーにお願いしなければならない
確率はグンと高くなると容易に予想される。 
その際、コンパクトにならなければ
役には立たない。

そしてスロープは付いて居ないにも拘らず
現壊れたPETIOよりも確か2~5cmの高さがある。
だがもうウダウダと言って居る猶予は無い。
今、とにかくゆきが
最小限のストレスで使用出来る事を
考えるしかない。

これなら体全体での風を感じる事が出来る。

。。。それだけ。。。