R9308190
参りましたぞ、おまえ目見えてないな。
唯の優れた感覚で門へ向かって居るのが
良く判ってしまう。
だが大きな黒っぽい塊は認識出来て居る。。。
。。。はず? 



R9308191
ゆきの本意では無さそうだが
久し振りに除草剤の小径へ。



R9308192
ワイフォ通りをカートにて下ると



R9308193
ナントまさかのてつ見参!
穏やかてつに戻って居た。
そしてゆきには目もくれずカートへ一目散。
視力も殆ど無く、かなり鈍くなったゆきが
漸くてつを認識し、近付く頃にはてつは



R9308194
カート上でリラックス。
てつと挨拶を交わし、匂い確認をしたいゆき。
我慢し、待ついじらしいゆき。



R9308195
思い切りリラックスモード。
引っ張られるが頑として降りないてつ。
仕方無く飼い主さんが抱え込み
降ろす事となった。



R9308196
一度降り、ゆきは少しばかり
てつに挨拶をする。てつも威嚇もせず無事
に数秒の会話が出来た様だ。



R9308197
てつの行く方向へ行きたそうなゆき。
残念、此処でお別れ。



R9308198
どうしてもお気に入り場へ行きたいと
滅多に言わない我儘を言うゆき。

本来であればグレーチングの上に
脚を乗せる事等考えられない。
飛び越えるのは疎か、跨ぐ事も難しい
今日此の頃。



R9308199
行きたい所へ行かれる嬉しさが現れる、
喜びに満ちた後ろ姿。
ゆき、嬉しいね、嬉しいね。



R9308200
畑らしさが微妙に戻った
畑擬き前を通過し



R9308201
参道へ。
凸凹の参道では、普通以上に
ゆきの脚運びに注意をしなければならない。
画像は撮れず仕舞い。しかも蚊の宝庫。
常に蚊を払い除ける必要も有る。



R9308202
少し歩き過ぎたか、目を剥き始めてしまう。
参道を出るか出ないか辺りで
即効カートの出番。



R9308203
一切降りずにひたすらカート。
後から画像を見ると気付く。。。
公園の方向を見て居るゆき。。。
行きたかったのではないだろうか、と。



R9308204
しかし、
公園がもう後ろに在る位置ではあるが
一度降り匂い確認をした様だ。



R9308205
右眼に丁度日光が射す。。。
しかも涙目。
本格的にドグルズが必要なのか?
ドグルズ

だがもしそれをする事に因り
残された僅かな視野も狭めてしまい
折角の機能をも退行させはしまいか?
イヌの視野は思いの外広い。
250°~300°未満。



R9308206
勾配を下り



R9308207
集会場通りを頑張る。
本当はこういった際、ハーネスを
使用したいがそうするとカートを
押せない。。。どうするかずっと模索中。



R9308208
急に現れたチビモモちゃん。
てつ程、脱毛は激しくない様だ。
モモちゃんは、ゆきの匂いを確認するが
穏やかで可愛いモモだが
ゆきが確認し返そうとすると、嫌そうな表情になる。
ゆきは直ぐに止める。相変わらず敏感に
争いを避けるゆき。



R9308209
アジサイ群



R9308210
そろそろ耳まで口が裂けそうになり
乗ったまま帰路に就こうかと
走らせて居ると



R9308211
ルピナスがカート目掛けて走って来る。
そして飛びっ切りの笑顔を
見せてくれた。



R9308212
パパに連れられたフラッシュも。
モモも参加。フラッシュの確認をするゆき。

この後、ルピナスと交代でフラッシュが
カートに乗った。
暫くクンクンと匂い嗅ぎ等、楽しんで居ると
後ろからルピナスが襲い掛かる。
何故か、ルピナスは兄には喧嘩を売る。
暫くガゥガゥと吠え合って居た。
ゆきも参戦し、一緒に吠える。
意味が解って吠えて居るのか否か。
ゆきの事だ、喧嘩しないで、と言ったのかも
知れない。



R9308213
汚家到着後、5分程経ってしまった。

毎回感じるが、仲間達と会う事は
本当に良い事だと思う。
それに因り多少疲れたとしても。。。

しかし何と言うか
とにかく日々、視力はきつくなって居る。
それでもヒトには及ばない嗅覚と感覚で
そうは感じさせないのか。イヌは凄い。。。