R9307737
尻尾が立ち気分は行く気満々。



R9307738
 このゴミ捨テーション通りも
沢山の排泄物が放置し放題。
小型犬~大型犬の飼い主。
大凡見当は付いてしまう。
ゆきが踏まないかハラハラ。



R9307739
公園にて、カラーを外し
後肢ハーネスのみにて練習。

。。。カラーを外したのが失敗だった(;´д`)



R9307740
まだ大丈夫。
大木の裏側の香りを確認したく
裏へ回るゆき。狭い隙間を付いて行く。
慣れない為、更にぎこち無い様子ではあるが。

あれ、気付くと



R9307742
片側の輪っかが外れて居るではないか!
カラーを外され、リードの重みも無く、
身軽になったと感じたらしいゆきは
屈み、直そうとする飼い主を無視し
このままスタスタと進んでしまう。

捕まえ様とするが
カートにぶら下げたリードも
取りに行かなければならず慌てまくる。
後から考えれば、別にカートを急いで
取りに行かなくとも良かったのだ。

まぁ尤も、スタスタ。。。と言っても
高が知れて居るのだが、想定外の行動に、
やたら早歩きに感じてしまい焦る。



R9307743
この辺りで捕獲。
リードを装着。いつもの姿に。

やはり後肢ハーネスのみでは
マズイかも知れない。
製作者Aさんが心配をし
コロちゃんが使用して居た前肢用ハーネスと
連結使用する方がと良いとアドバイス。

ゆきの持って居るハーネスでは
脇下を中心に
何処にどれ程あるのか判らない程の
無数に点在する大小様々な腫瘤を
又、触り擦ってしまう様に思う。
そして刺激を受け、増大、自壊するか。
だが本当にどうし様もなくなれば
それを装着するしかないか。。。と
半ば諦めても居たが。

特殊なハーネスは、ゆきだけが練習
すれば良いのではなく
飼い主側も、きちんとハンドル出来る様
練習しなければいけないと学ぶ。


R9307744
気を取り直しお気に入り場へ誘導。

ゆきはてつに会いたかったかも
知れないのだが。。。



R9307745
傾らかな下りで乗る。



R9307746
荒れ放題畑擬きを抜け



R9307747
参道



R9307748
口が耳まで裂けるのでは
ないだろうかと思う程の呼吸。
パンティングを超えた。。。



R9307749
やっと歩く状態。

歩き辛いのは、ゆきの場合
四肢、腰椎のみの問題ではなく
肺機能~循環器全般がマズイ様だ。



R9307750
再び早めに乗って貰い



R9307751
下る。




R9307752
神社下公園
公園へ入るならそれでも良かったが
この時点では、行きたそうな素振りも
見られなかった。。。



R9307753
3段程度の公園階段上で
公園を暫く眺めて居る。行きたそうだ。
だが階段は無理だと思ったのか
暫く見て居た後、踵を返す。
こちらは、全くテンションを掛けては
居ないはずだが、抱っこをするなりし下りれば
良かったのか。。。



R9307754
又、乗り集会場通りへ。



R9307755
二度目の排便は限り無く下痢に
近い軟便。
チキンスープを混ぜ過ぎた?



R9307756
即効乗り家路に就く。



R9307757
まぁ、良い表情。。。
に見えるが、実はこの数秒前も
ゆき受難。
カートの前輪左に尻尾の毛が巻き付いてしまい
中々取れず、ビリビリと剥がす事になった。
ハサミを取りに行くにも
降り様と藻掻くゆき。更に巻き込みが酷くなり
変な格好になってしまい
急いで剥がすしかなかった。
痛かったろうと思う。本当にもう。。。
---
ハーネスを着けたとしても
どうし様も無い大問題はこの地勢。。。
カートに乗らず、ハーネスのみにて
散歩へ出た場合、何処をどう回ったとしても
下り勾配には行き当ってしまう。

下りは極力、と言うか絶対に
下らせたくない。カート無しの場合
上りは勿論歩き、下りは どうしたら良いのだろう。
とにかく汚家を一歩出るだけで坂だらけ。。。