R9307540
気温は10℃有るか無いか。
少し肌寒い。。。が
早くもハァハァとパンティングが激しい。



R9307541
相変わらずシャイなハチ
ゆきを見た飼い主さんの一声は
「良かった、生きてて。。。」と。
ハチと再会出来、本当に良かったと思う。



R9307542
ハチと別れ、直ぐにルピナス。
早々、大好きなカートに乗る。
パパに撫でられるゆき。
滅多にワイフォパパは他のイヌを
撫でたりしないのだが
ゆきの事は御夫婦で可愛がってくれる。
嬉しい事の一つ。



R9307543
てつ宅を避け、市営住宅公園へ。
GR母子さんがいつもの様ボール遊び中。
挨拶に来た母イヌクッキー。
ボールは絶対に離さない。



R9307544
匂い確認中。



R9307545
コボちゃんがママに連れられ現れる。
彼とも挨拶。



R9307546
ママと話をして居るとあの白コロちゃん
飼い主さんが、ゆきの姿を見付け
掛け寄って来た。。。



R9307547
最近、てつはワイフォママが
呼ぶも、無視をするそうだ。
今まで呼べば歓迎をしてくれたらしい。
元々、フラッシュとは気が合わなかったが
現在ではルピナスもコボも何か有っては怖い為
挨拶はさせない、と言って居た。
てつは、ゆきにのみに連れ無くなったのではなく
他の仔にもそうなのか。。。
と少し安心はしたが
ゆきには関係の無い話。ゆきには
てつが自分に興味が無くなった、としか
映らないのだろうな、と考えると不憫。



R9307548
登校途中の小学生達がゆきを
撫でてくれる。一人しか撮れなかった。

白コロちゃんママとはずっと話をして居た。
彼女がなくなり3年経つが
今でも悔やんで居た。以前から
そうではあったがこの日はご自身の口から
「歯を抜けば治るって言われてたのよね。
もっと違う病院へ行けば良かった。もっと早く。。。」と。
以前は、色々思いは有るけど、その事は
考えない。。。
といった様な内容を話して居たと思う。

言葉に詰まったが
「早くても遅くても、結局イヌって最期は
苦しむ気がします」
と又変な慰め方をしてしまった。

それからロットモモの亡くなった話。
「あの家は皆早く亡くなるの。前の仔も
確か早かったんじゃないかしら」等。
ぺぺちゃんの話も出た。
「ぺぺちゃんが亡くなった時にペットロスに
ならない為にポポちゃんを飼っておいたんですって」
だそうだ。
「もう世代交代ね」の言葉が重い。

コロママはもうイヌを迎える事は
ないと言って居た。
それは本当に先を見据えた愛情の様に感じる。

話して居ると、一回りして来たコボちゃんが
戻って来る。
まだ話して居る事に驚いて居た。

ウォーキングで会う数名のお婆さん方が、
ゆきに話し掛け撫でてくれたり等、
沢山の方々がゆき中心に会話を弾ませ、
徐々にその輪は広がった。
結局30分前後公園に居座ってしまったが、
早く行きましょうよ!
と一度も吠えなかったゆき。



R9307549
とても他を回れるパワーは
ゆきには残って居らず、
そのまま帰路に就く事に。
てっちゃん通りを戻るゆきを撫でてくれるヒト。
年を重ねても穏やかで優しいゆき。。。



R9307550
少し歩いてみるが
崩れ掛かり、慌てて乗って貰う。

全速力で帰り、汚家着は8時5分頃。