R9307167
ボヤッとした優れぬ表情。
だが。。。



R9307168
 私道を上がり直ぐに
コタロウと会い、一瞬で尻尾が持ち上がる。
すでに激しいパンティングにも拘らず
嬉しそうなゆき。



R9307169
 そこにフラッシュも加わり
大好きな仲間達に囲まれ喜んで居る。。。
と思いたい。
尻尾のパワーは早くも切れる。



R9307170
 最近ではフラッシュもカートに乗る。
パパに連れられたルピナスも参加。
ゆきは仲間の間をジッとして居る。



R9307171
珍しく2頭で乗り込んで居る。
沢山のイヌ達の匂いがするのだろう。
興味津々。ルピがガルルルし叱られて居た。
彼等も確か11才にはなるはずだが
アレルギーは有るモノの
病気知らずの元気な仔等。



R9307172
大人しいフラッシュと改めて
挨拶。



R9307173
ピカピカな若い元気なコタロウ5才。
相変わらず小型犬、バイク等を追い掛けて
しまうそうだ。



R9307174
皆と別れ、
猫さん集会場を気持ち確認し
カートで下って居ると



R9307175
途中、チビモモちゃんと会う。
勾配途中の為最初乗ったまま挨拶
したが少し降り再び挨拶。



R9307176
気持ちは自力で歩きたいゆきだが
パンティング、脚縺れとフラフラが酷く
セブンまで大通りをカートにて。

何故かマーガリン入の黒糖しか無かった。



R9307177
キナコ勾配を自分の脚で歩き上るが
今にも倒れそうな激しい呼吸。。。
危なくなり、即



R9307178
乗る。



R9307179
背中を丸め疲れた表情だが
仲間と交わえ脳には良いとは思う。
だが体力が付いていかなければ
意味は無いか。。。