R9307108
出発。。。



R9307109
ゴミ捨て通りにて
 早速、ルピナスが乗る。
挨拶を終えたゆきは
早く行きたそうに進行方向を向く。



R9307110
 まだ行かないの、と思って居るのだろうが
催促もせずジッと待つ。
時折こちらを見上げ、目で訴える。



R9307111
てつ宅まで乗り、様子を
見に行くも居ない。
殆ど興味を示さず、スルー状態のゆき。


R9307112
尻尾が重そうだ。



R9307113
以前良く会い、
ゆきを本当に可愛がってくれる
ゲンちゃんの飼い主さんママだが
黒柴だったというそのゲンちゃんを
ゆきも知らない。
その仔にソックリな色合いだと
愛おしそうに撫でてくれる。

珍しくゆきも尻尾を振り近付く。



R9307114
今度はフラッシュが乗る。



R9307115
お気に入り場にも桜が
咲いて居た。



R9307116
桜とゆきとの2ショットのつもりだが。。。



R9307117
砂利道を通過し



R9307118
参道へ。
又、この葉に興味を持つ。



R9307119
かなり真剣に匂いを確認。



R9307120
少しの段差も躓く為



R9307121
ゆきの横に付き
危なそうな場合には
先手を打たなければいけないが
往々にし一歩遅れ、躓かせてしまう。



R9307122
参道を出た所で
カートへ。



R9307123
これまで気付かなかったが
神社下公園の桜も大きい。
写真を撮りに来て居るヒトも居た。



R9307125
道に落ちて居た桜。。。



R9307126
これもゆきと桜の2ショット。

これまで何十回もこの公園には
来て居たが、桜に気付かなかったにも
拘らず、今回この桜を見られたというのは
何かの暗示なのかと思ってしまう。。。



R9307127
これがゆきと見る最後の桜に
なってしまうかも知れない事への
途轍も無い恐怖を感じる。
嫌だな。。。



R9307128
集会場通りを匂い拾いし乍ら
上って行く。



R9307129
早くも集会場通りから乗り
一度も降りず、帰路に就く。