R9307005
頭を下げる。。。



R9307006
てつ通りではなく、除草剤の小径へ。



R9307007
ぺぺちゃん飼い主ママが
いつもの大きな声で
ゆきをとても可愛がってくれる。
本当に大きな声故、ゆきにも
少し聞き取れて居るかも知れない。。。
チワワのポポちゃんは飼い主さんの後ろへ。
暫くするとポポちゃんもゆきに挨拶を。
耳をくっ付け、ペペポポ飼い主さんへ
甘えた表情を見せる。



R9307008
そしてアキラ
こちらに挨拶をしに来てくれる。
甲斐犬と柴雑種のアキラだが
本当に優しく穏やか。



R9307009
ゆきアプローチ。
若い男の仔が好きらしいゆき。
昔は本当にモテたゆきだ。
若かりし頃の栄光?が忘れられない?

イヌ社交場へ入ると
ゾロゾロとオスイヌ達がゆきに群がり
付いて来た。飼い主さん方から
ヒートですか?等と年柄年中聞かれたモノだ。
懐かしい。



R9307010
2才のアキラ。凛とした立ち姿。
ゆきにもこの様な時代が有った。



R9307011
行かないだろうと思ったが
てつ宅へ脚が向いた様子。
又悲しい思いをさせたくなかった。

これまではてつが玄関外へ出て居る事を
強く望んだが、先般の事が有り
どうか居ません様に、
と願って居たかも判らない。
どうなのだろう、もう一度会ってみれば
彼が偶々あの様に威嚇したのか、
或いは継続的なモノであるのか等
判断が付くのだろうか。
それともなるべくもう、会わない方が無難か。。。

一瞬で帰るゆき。
以前の様、玄関ドアに鼻をくっ付け見上げる事も
名残惜しそうにする事も無い。

この段差をあちら側から降りない様
嫌だったがリードにテンションを掛ける。
咳嗽は大丈夫そうだ。



R9307012
久し振りにワイフォ家族と会う。
パパが連れて居たこの仔はフラッシュ。
珍しくカートに乗り込んで居る。
パパが公園に居るママを大声で呼ぶ。
おぉ~ぃ!!!おぉ~ぃ!!!
ゆきちゃん居るよぅ~っ!と。



R9307013
暫くし、コボを連れたママが来る。
ゆきはコボとも挨拶。

ママと話をして居ると遠くから
稀に擦れ違う程度のヒトが
声を掛けてくれる。満面の笑みをゆきに向け
「良かった、頑張ってる~ホント
元気を貰うゎ。」と。
こちらが覚えの無いヒトや希にしか
擦れ違わない人々もかなり多くが
ゆきを気に掛け、心配をしてくれて居る様だ。
そして幾人かは必ず
元気を貰う、或いは勇気付けられる
と嬉しい言葉を言ってくれる。

有難いね、ゆき。。。

生憎一番ヒト懐こいルピナスは
留守番で会えなかったが
ゆきも嬉しそうに見える。



R9307014
結構長い事話し込んでしまい
汚家着はこの時刻。

体調は良くないのが一目瞭然だったが
大好きな仲間達に会え
少しは嬉しかったろうか。。。



R9307015
ボテボテ飼い主と一緒に
シルエット2ショットが偶然撮れる。

このゆきの影、愛おしい。



R9307016
視線がズレて居るも
何かを訴えて居るらしい。