14日予約分を前倒しで11日に。。。
とにかく股周りは悲惨を極め、腹部もグシャグシャ。
人気トリマーさん故、予約を取るのが至難の業。
多少調子が悪い状況でも
老犬、しかも20kg近くもある仔をトリミング
してくれる所は中々無い。急いでお願いをする。

ゆきは最早シャンプーは出来ない。
本当にカットだけだ。。。
小さな頃から「お風呂好き」にしてあげれば
良かった、といつも思う。
もし「お風呂好き」であれば介護状態であっても
必然となるお尻洗いも気持ち良く出来たろうし
四肢が冷たければ「足湯」程度に温めも
可能だったろう。。。血行も改善され褥瘡防止にも
なったかも知れない。。。

今となっては立って居る事だけでも
キツそうなのだが、
出来れば一回に長時間を要しない程度
頻繁にカット予約が出来れば有難い。。。

2015-1-12 359
汚家を出た後、数メートル歩くも
如何にもフラ付き、乗って貰う。



2015-1-12 360
綺麗になったゆき。
恐ろしい抜け毛。
お尻周りは激しくカットをお願いする事に。



2015-1-12 361
脚周りもついでに。



2015-1-12 362
トリミングルームから出る。



2015-1-12 363
カートのまま少し大通りへ。



2015-1-12 364
脚運びが鮮明に判る様になる。
お尻周りも派手にカットをしたが
残念乍ら尻尾が下がってしまって居る為
肛門はどちらにしろ見えない。

カットをし始めて気付くも
後肢が想像以上に脆弱。X脚で立ち、
O脚で歩行する様だ。
右側は屈伸が見て取れるが
そうするとこのフラ付きはどうしてだろう。
スキップ歩行はどの様に成り立つ、と言うか
どの部分からか、とカットした事に因り
よりハッキリとした。



2015-1-12 365
キナコ勾配で随分と匂い確認。
この後、速攻乗り汚家へ。

次回の予約はぞく分のみ取る。
ゆきも早目に取らなければマズイがまだ
取っては居ない。
。。。次回があれば本当に嬉しいが
こればかりはどうなるのか判らない。。。
前持ち、大学の予約を取る事すら
悲しい気持ちになるこの数ヶ月。

次回がある事を願って止まない。

ぞくの予約日も、
ゆきに何かあればキャンセルとなる故
トリマーさんも
「ゆきちゃんが大丈夫なら」と気を遣ってくれる。