縮小 可愛いゆき
ゆき9月2日生まれ
163ヶ月ちょうど♪

★17歳の誕生日まで274日
★生まれて5936日目
ヒトなら92歳くらい !
乙女座です


画像も溜まりまくって
しまった。

最近のゆきの食事情は
凄い事になって居る。
何でも有りな状態。
ご飯(お米)、パンは当たり前
パスタ類からうどんまで。
カッテージチーズ、納豆
アイスクリーム、
これまでの16年間けして与えた
事の無い豚肉関係も。
炭水化物とタンパク質の
オンパレード。。。
これ以上膵臓、腎臓、肝臓の
悪化進行速度を速めたくないが
今はその思いと葛藤をしつつも
食べられる物は何でも。

先般会ったシーズーのぺぺちゃん。
元気な飼い主のお婆さんも
言って居た。
先の事を考えたらもぅね、
何でも。イヌはね、食べなくなったら
終わりだからそれが怖くて
何でもあげてんの。
ぺぺは今、猫の缶詰とドッグフード
混ぜて食べてる。
混ぜないと食べなくて、と。。。
何処も同じか。唯ぺぺちゃんは
膵、腎、肝臓等はゆきの様に
悪くなっては居ない、という相違。
これ天と地の差か。。。

それでもやはり一切何も口に
しなくなる事の方が怖い。
食べられなくなった場合
幾ら大好物を今以上に細かく砕き
シリンジから与えられても
嬉しくないだろう。
延命より「今」を70%方優先と
いったところか。
30%はどうしても「先」を
考えてしまう。

散歩は短縮版。
仲間達に会うと嬉しくて
尻尾がまだ持ち上がる。

尿は水の様に薄くなった。
USGは測るのさえ憚られる。
時折の粘液便。
耳は98%機能を失う。
視力も殆ど無いが
大きな動きや数メートル先の
早い物体の動きは
捉えられる様だ。
ゆきとのコミュニケーションは
以前から練習して居た
骨伝導は最早役に立たなくなる。
耳に口を付けて話すか
或いは人が見たなら
可笑しい程の大きなジェスチャーで
腕を大きく大袈裟に振りゆきを呼ぶ。
拍手も殆ど聴こえない。。。

左後肢の方が特に疼痛がある
はずだがスキップ歩行では
見る限りは右後肢を
浮かせる。これは謎。
結局両四肢共に痛いのだろう。
そして下半身、特に腰椎の
痛みは半端無さそうだ。
電気ビワ葉温灸とカイロで
暖を取り極力冷やさない様。
意味は見言い出せずも
コセクイン等は継続。
サプリを摂って居る故
この程度で治まって居るのだ、と
思いたい。

オムツはイヌL⇒イヌLL⇒
乳幼児L⇒乳幼児LL⇒幼児パンツタイプ1⇒
幼児パンツタイプ2⇒老人用アテントM⇒
老人用ライフリーS
一番理想は幼児パンツタイプと同サイズ
(幼児35kgまで)オムツが有れば
有難いが、無い。
相変わらずどう足掻いても
乳腺腫瘍に腹部部分が丸まり
思い切り当たってしまい
刺激を与えて居る事。。。
切り込みを入れる、左側腹部部分のみ
切り取る等々するも意味は無かった。
後肢ハーネスは更に
全体重が掛かり、腫瘍を圧迫、刺激
するのだろうな。どうしたら良いか。
場所が本当に悪い。

あれやこれや近い将来に
起こりうるであろう事に頭を巡らせ
苦悩する飼い主に対し
ゆきは、日々淡々と現実を
受け入れて居るのか。

今を生きて居る。。。