特大お利口シェパのラブちゃんが
先月25日、苦しまず穏やかに
その生を閉じた旨のメールが届く。
もの凄く明るく絵文字満載の文面が切ない。
亡くなり12日後に伝えて下さったという事自体
悲しさが伝わる。下手な慰めや感情移入は
して欲しくないのだろう。。。
まだ返信出来ず。言葉が無い。

彼女とは驚く事に偶然、5月麻布大学腫瘍科で
会った。口腔内腫瘍を取った途端、数日で
又同箇所が腫瘍で盛り上がって来てしまったが
丁度GWに入ったばかりで大学が休みの為
大変に困窮した、と聞いて居た。。。
5月22日に会ったラブちゃん
後肢は少し弱くなっては居たが相変わらず
優しく可愛かった。

ショックだ。。。唯、ショックだ。

又現実を直視しなければいけない事実を
目の当たりにする。

生有る者は必ず死を迎える、
頭に再々度、叩き込む。

ラブの画像がこれしか無い。


---ラブへ哀悼の意を---