R9303433
月曜日、ゴミと共に出発。
この1~2日、散歩へ出る際の様子が気になる。
行きたくないのか。。。否、行きたいが
身体の調子が優れないのか。多分後者。



R9303434
てっちゃん通りを



R9303435
希望に満ち直進。



R9303436
あと数歩でてつの家。
尻尾にも期待が現れる。



R9303437
ウロウロするも
又会えず。。。玄関も閉まって居り
この日は直ぐに諦める。



R9303438
Uターン。



R9303439
ワイフォ宅前から



R9303440
真っ直ぐ進む。
ほんの少しの上り勾配。



R9303441
ガードレール下が社交場への道。
此処は急に下りになる。

此処でも又、かなり久々な
いつも笑顔のお婆さんと遭遇。
ゴミ出しに来た様だ。

久し振りに会う方々が
異口同音に発する言葉
「お元気でしたか?」と第一声。
このお婆さんとは、2度会ったか否か。
ゆきの事を良く覚え体調を気遣って
くれる。以前何処まで話したかは
全く記憶に無いが、ザッと現在の状況を
伝えると
ズレ下がったゆきの腹巻を指差し
これ、オムツですか?と。。。
確かに座って居るとズレた腹巻が
尻尾まで係りオムツに見える。
外出時はまだオムツをしない、
これは腹部保護の為の腹巻である事等を
話す。



R9303442
社交場右回り。この分譲予定地は
あやしく草が枯れて居る為
ゆきを引っ張り避ける。ゆきは
匂い確認をしたいらしい。。。



R9303443
右回り。時折後肢を落とし乍らも
フェンスに沿い進む。



R9303444
下りに差し掛かり、再び乗る。



R9303445
相変わらず好きな社交場擁壁下。



R9303446
誰かのマーキング跡の匂い確認。



R9303447
パンティングがパワーアップ
して来た。本当はやはり此処社交場には
来たくなかったのかも判らない。尻尾が物語る。



R9303448
誰も居ない。遅過ぎたか?



R9303451
ゆきからは望んだワケではないが
草の上に乗ってみる様促す。



R9303452
結構朝露で草はビッショリ。
余り楽しそうではない。



R9303453
間のアスファルトを挟んだ
こちらの方が良い様だ。



R9303454
入口近くの草場。
自分から入る。



R9303455
相変わらず、4本脚仲間が居ない。



R9303456
尻尾が下がりパンティング↑。



R9303457
カートを取りに行く際
待って居て貰うが、伸縮リードも
グチャグチャになる程結構泥濘んで居る。



R9303458
誰にも会えず、社交場を後に。
Uターン。



R9303459
アキラと会う。



R9303460
嬉しいゆき。
1才のアキラに15才が甘える。
尻尾も元気に。



R9303461
アキラに会った瞬間、
彼が笑ったのが判り
飼い主さんと
「今、笑いましたょね?」と盛り上がる。
洋犬の可愛さも去る事乍ら
誰にでも懐く事の少ないかも
知れない和犬が親しげに挨拶に
来てくれるのは、それはそれで
嬉しい。和犬はキナコも含め
一度心を許せば、以後懐いてくれる
のかも判らない。



R9303462
結局勝手な話し、自分に懐く仔が
可愛いと思うのだ。
本当に悲しい程我乍ら自己中。。。

アキラのフードは吉岡油糧らしい。
他人がどうこう言う事は出来ない。
馬肉主体で選んだ、と。。。
この会社、元々は油脂会社だったかと?

アキラとバイバイした後、



R9303463
今度は、ロットモモと会う。
最近会いに行って居なかったが
勿論良く覚えてくれて居る。
散々、撫で回させて貰う。
ゆきはカートから降り、挨拶。

モモと会う直前、左のお爺さんが
カートの事を聞いて来た。

そして、携帯待ち受けにして居る
ご自分の小さなクリームチワワさんを
見せてくれる。
相当可愛がって居るのだろうな。



R9303464
カートのまま、リストラオヤジ通りを
超え、少し降り匂い嗅ぎ。



R9303465
私道上にて再び乗り
汚家着。



R9303466
前肢毎、シンクに入ってしまうが
満足の行く程は飲めず。
かと言い、簡易水飲みに入れるも
結局水道から直で飲もうとする。

1時間半少弱の散歩。