BlogPaint
一番下のインタンクがカイロ貼り腹巻の重みで
どんどん下方へズレてしまう。
ズレるだけであれば問題無いのだが
袖部分も同様に下方へ行く為
首回り、脇に負担が係らぬ様
年がら年中首部分、或いは脇から手を入れ
引っ張り上げなければいけない。
かと言い、きつめの腹巻では
腹部への圧迫、負担が増してしまう。



BlogPaint
除草剤の小径
やはり外せない場所。顔にリードが
掛かり、見えない。。。



BlogPaint
本当は視力が弱くなった現在、
叢等へ顔を突っ込む事は
かなり危険を伴うだろうな、と思う。そういった事を
極端に気にして居る飼い主さんがこのエリアに
居るが、イヌを見て居ると
気の毒な程、楽しく無さそうに見えた。。。
昔からその仔はそういった散歩に
慣れて居るのかも知れない故、
実際はどうだかは解らないが、ゆきの場合には
匂い嗅ぎを取ってしまったら
散歩とは呼べなくなってしまう気がする。
危険を承知の上、敢えての匂い探索だが
これで眼球を傷付けたら傷付けたで
ゆきにも不便をかけてしまう。
超絶大ショック後悔をする。
相変わらず堂々巡り。。。



BlogPaint
小径を出た後ショートカットではない、左折で進む。

BlogPaint
公園すら目も呉れずてつ宅へ一直線。



BlogPaint
てつと会えなくなり久しい。。。



BlogPaint
風に当たると目脂が出る様になる。
点眼薬のせいも有るのだろうが
涙焼けも目立つ。涙管のトラブルでなければ
良いが。。。



BlogPaint
又、ルビちゃんと遭遇。
この前日トリミングルームへ予約を取りに行き
そこでも飼い主のみだがルビちゃんと会った。



BlogPaint
本当に12~3才なのだろうかと
思う程、若々しく綺麗な瞳。



BlogPaint
集会場通りへ。
ゆきはこの猫さんに気付いて居ない。
猫さん臭も嗅ぎ付けず。



BlogPaint
最近、フラッシュとコボちゃんの区別が
付かない。飼い主さん曰く
コボが来た時は真っ白だったのに
今は茶色くなってイヌらしくなった、と。
これまでは散歩も15分程度だったのだそうだ。
今ではコボちゃん専用部屋を自由に動き回り
天気の良い日にはデッキ出入り自由で
寝転がったり等して居る為に
だんだん茶色くなって来たそうだ。



BlogPaint
パンティングも激しくなる。



BlogPaint
ガゥガゥケビン君。
半径2mではマズイ。3mからテリトリーの様だ。



BlogPaint
最近、散歩されて居るイヌ達も
オヤツを貰わない仔が多いらしい。
たった1個位、本人が喜べば良い気もするが
習慣になってしまう故だろうか。



BlogPaint
何を考えて居るのだか。

淋滴多量。