DSCN0696
ふく連れ散歩。。。
少し肌寒くパーカーを羽織る。



DSCN0697
嬉しさ爆発のふくぎん。
プスプスとくしゃみが止まらない。



DSCN0698
腹部下狙い、再び。



DSCN0699
キナコ勾配に突入。
ゆきの匂い嗅ぎを邪魔する。



DSCN0700
腹部下に入る事に失敗したらしい。



DSCN0701
ブックオフ前辺りを進む。この日のふくぎんは何としても
ゆきの下へ入りたい様子。
相変わらず、我が道を行くゆき。



DSCN0702
此処でも何とかゆきにくっ付きたいふくぎん。
邪魔をされるも、けして怒らないゆき。



DSCN0703
お尻から潜り込もうとする。



DSCN0704
早くも帰路、キナコ宅近くで匂い拾い。



DSCN0705
勾配にて、草に顔を思い切り突っ込む。
眼球を傷付けそうだ。覗き込み良く見て居なければ
いけない瞬間。



DSCN0706
何故なのだか、ゆきは勾配の一番きつい
左寄りを歩こうとする。



DSCN0707
そして、疲れる。。。



DSCN0708
汚家近くでキナコと遭遇。
日増しにキナコは従順で大人しくなって来る。
甲斐犬である事を忘れてしまいそうだ。
ゆきは存分に匂い嗅ぎをさせて貰う。
恐らくここまで?;心ゆくまで;ゆきが匂い確認を
出来る仔は他に、居ないかも知れない。



DSCN0709
ビビリふくぎんも優しいキナコの
匂い嗅ぎに与る。



DSCN0710
かなりヘロヘロになり汚家へ。



DSCN0711
我が私道のグレーチングがこの状態に。
南隣地の住人が車を入れる際、
汚家門ギリギリまで来た後、切り返すが
その時にいつもこの様にしたまま。

そろそろ、側溝の掃除をしなければいけないな。。。



DSCN0712
門を開けたまま、重いグレーチングを
直して居り、ふと後ろを見ると
ゆきが居て驚く。ノッソリと出て来たらしい。

こういった不注意が脱走の元だ。。。
ふくぎんは即、係留して居る。