DSCN0640
出発。この段階から既に咆哮は始まって居た
のではなかったか?



DSCN0641
この先、嫌でも降りなければいけない場所が
有るだろうと
勾配だらけの大通りを、全く降りずに。
教えて貰った近道という所を行くが、けして近くはない
気がする。。。



DSCN0642
ちょこっと降りるも、大通りを横切ろうとする。
渡れば、ゆきの知った道。
社交場通りにぶつかる。恐らくそれを解って居る
のだろう。



DSCN0643
どうしても渡ろうとしてしまう。
その都度、阻止。



DSCN0644
そして再び、乗る。



DSCN0645
かなり歩くも、その間も乗って貰ったまま。
再び降り、匂い嗅ぎ。



DSCN0646
直ぐに乗り、何度目かの分岐点にて
又、迷う。此処に辿り着くまでも
既に数名に道を尋ねて居るが、このガソリンスタンド
でも、聞く。ゆきの見える所で
道を訪ねたにも拘らず、吠える。

5分程度?でクリニックに到着。



DSCN0647
待ち時間中、裏の公園でウロウロ。
日向は暑く、日陰は寒い。
中間が無く、ゆきの身体が冷えると日向へ
熱して来ると日陰へ移動。



DSCN0648
この先は、カートでは行かれず
荷物だけ持ち戻れる範囲まで歩くが
カートであれば無造作に
どんどん積んでしまえる為、とにかく大荷物。
画像を提示する為のipad、診察券等が多量に
入った母子手帳入れ擬きの小物、財布以外の細々。。。



DSCN0649
この下へ行きたいと言う。



DSCN0650
場所を変え、少し休む。
伸縮リードでゆきは此処まで来て居る。



DSCN0651
再びウロウロ。



DSCN0652
カートの通れる間のアスファルトへ。



DSCN0653
既にゆきはヘロヘロ。
散々吠えまくり、喉も渇いて居るが飲めない。



DSCN0654
この数分前に、左後脚に妙な動きが
見られる。慌てて乗って貰う。



診察一連が終了し

DSCN0655
又、待合室外で待つ。吠えまくり中のゆき。
普通に画像を撮ったとしても
こういった姿が撮れてしまう程の咆哮犬。



DSCN0656
帰路はどちらかというと逆に
下り勾配が目立つ。殆ど降りずに乗ったまま。
検査も済み、途中途中でフードやオヤツを
食べる。喉も渇いて居るが朝食抜き故、
仕方が無い。。。



DSCN0657
社交場右回り逆走コースを行く事に。



DSCN0658
社交場方面フェンス沿いを懐かしむ。
そう言えば、もうずっと社交場通りへは行って居ない。
近々。。。否、本日(4月12日)天候や体調がマシなら
行ってみるか。



DSCN0659
本意では無いだろうが
リストラオヤジ通りをカートで即効通過。



DSCN0660
汚家私道で降り、そのまま到着。

帰宅後、後に何が有るか或いは
何等フード変更を余儀無くされる事態に
なるかも知れず、ふやかしては居ない為
そのままのフードを同様÷4で食す。

間隔を更に開けたが
やはり空気を相当飲み込んで居るらしく
摩らずも、威勢の良いゲップが出る。
出た後、次のフードを食べる様に。