R9303038
オヤツ感覚で試す。軟便になるか否か
この数日間一日辺り30gを随時摂取。
今のところ問題は無いが増量すればそれは不明。



R9303039
飼い主が望む行動をしてくれる。
齧ってみてごらん、と。。。



R9303040
私道を上り切った所で
取り敢えず、カートから降りるも
尻尾は下がったまま。。。



R9303041
大通り沿いでも、元気が出ない。



R9303042
セブンを避ける様大回りで
先を進む。カート故Uターンに拘らなくとも安泰。



R9303043
集会場通りへの途中寄り道。



R9303044
尻尾は下がったまま、集会場勾配を上る。



R9303045
いつもの窪み。
トイレ直前で尻尾が持ち上がる。
まだその際のパワーは有るらしい。


R9303046
アジサイ群へ。
相変わらず尻尾が重そうだ。。。



R9303047
本当に行かなくて良いの?
集会場へ促してみると渋々と従う。
既に此処はゆきに取り魅力的では
無いのかも知れない。
あれだけ好きだった場所なのだが。。。


R9303048
かなり疲れも見えた為
乗る。



R9303049
再び腎臓サポートオヤツ。
意図せずカートの上に一粒落としてしまう。
それを探す。確かこの辺りで腹巻とカイロを
取ったのかも知れない。
出発時はまだ冷えて居たが、背中全体も
大分暖かくなって居た記憶。



R9303050
少し尻尾復活。
てっちゃん通りを行く。



R9303051
市営住宅公園手前で
GR母子さんと会ったが、此処でも再会。
10才と12才のGRさんは
元気にボールを追い掛ける。
画像は娘のモカちゃん。



R9303052
母イヌのクッキーちゃん。大型犬の12才が
走ってボールを追う姿は
本当に凄いなぁ、と思う。



R9303053
母娘達。



R9303054
母クッキーさんと挨拶を交わす。

パパ曰く、クッキーは大分脚が弱くなった、と。
それでも平均からすれば相当元気だろうと思うが。



R9303055
公園から眺めるも、てつは家の中らしく
玄関外へは出て居らず。
てっちゃん居ないよ、と伝えるが
頑固に会いに行くと譲らないゆき。
玄関は画像の様に少し開いて居る。
必死で覗き、



R9303056
終には吠え、てつを呼ぶ。
声を聞き付けてつ現る。



R9303057
ママさんがてつと一緒に出て来てくれ、
嬉しさ爆発のゆき。
初めて吠えるの聞いた~、と言われるが
確かにこれまでは、
外でも殆ど吠えなかったゆきだが。。。
これから沢山吠え声を聞いて貰う事に
なるのか?それならそれで長らえてくれると
いう事。まだまだこの様な姿を
見せてくれ、と祈る気持ち。




R9303058
画像に映って居ないが
恐らく尻尾は全開だろう。嬉しそうなゆき。
てつと会うのも本当に久々。。。
和犬、和犬雑種組ではてつ、アキラ、キナコ
に会うと元気になる。



R9303059
凛とした姿。てつ5才。



R9303060
顎を引き気味にし、今にも狂喜乱舞しそうなゆき。
本当に元気をくれるてつ。

出来れば他の仔等と一緒ではなく
てつ単独で居る場面で
会わせてあげたい。
そうでないと、燥ぐ仲間達を見るゆきが
寂しそうで不憫で仕方が無い。



R9303061
いつものお気に入り場
気付かずスルー。



R9303062
再び乗って貰い、



R9303063
大通り手前で下車。



R9303064
大通り沿いをトボトボ。
尻尾少し復活。



R9303065
廃墟パーキング。
無理をすれば廃墟を通り抜け、探検出来ただろうが
この日は行かず。
暑くなれば益々行かれなくなる、
涼しくなる頃はゆきは居ないかも知れない。
否、夏頃すらも保証は無い。或いは
その様な時期には散歩どころではなくなるのか。。。

考えたくない事が次から次へと
言葉となり、頭に浮かんで来る。本当に
精神を患いそうだ。



R9303066
最早ヘロヘロとなるゆき。
カートの出番。



R9303067
特にケーキを食べたくはなかったが
ゆきを見せたく、つい寄ってしまう此処
ケーキであれば、好きな種類の物が良いのだが。
残念乍ら無い。
だがゆきを大歓迎してくれる。
行くしかない。



R9303068
ガラス越しのケーキが目に入ったのか
ガラスを一瞬ペロッと一舐め。
こちらは何を購入するかと迷い中、
ゆきから目を離した隙。
いつもの店員さんが
可愛い~っ、と。
その声にハッとする。
普通なら大問題になりそうな出来事の様に
感じるが。

この様な対応をされては週一で通ってしまいそうだ。
又、来よう。
ふくぎんでなく、ゆきを連れて来たい。

このケーキ屋の雑種ミントは
やはり20才位だそうだが
まだまだ自力歩行なのだと。
店員さんの息子さんが小学校1年の頃
拾って来てしまい、一度は返して来なさいと
叱ったのだが、
お爺ちゃん;社長;がその後ろ姿を見、
可哀想だから、と飼い始めたと。

それから逆算するとやはり19才か20才には
なって居るとの事。




R9303069
09:15
再び集会場通りを戻る。



R9303070
ゼィゼィの横顔。
集会場は思い切りスルー。



R9303071
09:16
休息を取る。



R9303072
09:17
このまま乗り、汚家直行の予定だったが



R9303073
09:19
久し振りにライラと会う。
ゆきもカートから降り、再会を喜び合う。



R9303074
09:20
黒ラブらしくガッシリとし、適度に人懐っこく
本当に可愛い。



R9303075
09:21
匂い確認をするゆき。
尻尾も元気になって居る。



R9303076
飼い主さんも、数ヶ月振りに会うゆきが
健在で喜んでくれる。
微笑んで見えるライラ。


R9303077
10分以上も話し込み、
汚家着。

調子も優れず、8時~9時半までのダラダラ散歩だが
大好きなてつや黒ラブのライラと会う事が出来、
由とする。