R9303494
腹巻せずに出ても良いか、とも
思ったがやはり乳腺腫瘍を気持ちだけでも
保護の為、腹巻だけはする事に。 



R9303495
ゴミ置き場通り。



R9303496
この日は除草剤の小径に入ると言う。 



R9303497
小径を出た所でワイフォ家前から
公園方面へ行こうとする為
ダラダラ下り勾配手前で乗る。



R9303498
市営住宅公横を進む。
そして



R9303499
この日こそは、と少し開いた玄関から
顔を入れ、てつを待つ。



R9303500
てつ、出て来てくれと
後ろから願う。



R9303501
ゆきの尻尾が一段と激しく揺れ
てつがこちらへ来る事が判る。



R9303502
てつ見参。
だが当のゆきは何故かこの態度。



R9303503
いつものハイテンションは何処へやら。
控えめに匂い確認。



R9303504
そこへコボちゃんも来る。
てつはこの時に小さな声で唸って居る。
唸られても構わない無邪気なコボ。
万が一の際の為、
ゆきには離れて貰って居る。



R9303505
コボちゃんが離れ、ゆきも近付く。



R9303506
この後、少しコボちゃんと挨拶を交わし
何処にも寄らず



R9303507
汚家着。サッサと汚部屋へ戻ろうとする。